• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マック“名前募集バーガー”は成功だったの?

  • 富永 朋信

バックナンバー

2016年2月28日(日)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世間を騒がすキャンペーンを次々と展開している西友。同社でこうした戦略を指揮するマーケティング本部長・富永朋信氏が、ヒット・ブームの理由をひも解きます。

 こんにちは、西友の富永です。

 みなさんはマクドナルドの“名前募集バーガー”キャンペーンをご存じでしょうか?

 念のために説明すると、2016年2月2日から全国のマクドナルド店舗で期間限定で販売されている、北海道産の食材を使った新商品「北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー(仮称)」の正式な名称を公募で決定する、というものです。

 501万6926件もの応募が集まった結果、商品の名前は「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」に決定し、応募者にはハンバーガー10年分相当の142万3500円が送られたとのこと。

 ただ、ちょっとウェブを検索してみると、選ばれた名前に対して「長過ぎる」「恥ずかしくてカウンターで言えない」など、手厳しいコメントが散見されます。

 一方、このようにウェブ上で話題になっていること自体が顧客との関係強化につながっているという考え方もあり、マクドナルドがどのような狙いでこの施策を実施したのか、興味が湧くところです。

 そこで今回のコラムでは、この施策の背後にある戦略について考えてみましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

コメント0

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長