• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“蚊を捕獲する空気清浄機”は何がすごい?

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年5月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

この記事は「日経トレンディ」2016年6月号(2016年5月2日発売)からの転載記事です。内容は基本的に発売日時点のものとなります

 夏が近づくにつれ悩まされる場面が増える蚊を、空気清浄機で吸い込んで捕獲する――。そんな世界初の製品をシャープが発売した。「蚊取空清 FU-GK50」は、一見すると一般的な空気清浄機とほとんど変わらない。だが実は、蚊を捕らえるためのさまざまな工夫が施されている。

 最大の特徴は、蚊が近寄っていく習性がある紫外線(UV)ライトを内蔵した点だ。本体の内側で紫外線ライトを光らせ、引き寄せられた蚊を空気と一緒に吸い込む。

 空気を取り込むために両サイドに並ぶ小窓の大きさにも、秘密がある。蚊が暗がりや物陰に隠れる習性に着目し、最も入りやすい穴の大きさと形状を、試行錯誤の末に見つけ出した。黒い本体色は空気清浄機としては珍しいが、これは蚊が黒い色に近づく習性を利用したものだ。

 こうしておびき寄せられた蚊は、小窓から空気と一緒に吸い込まれ、裏蓋の内側にセットされた粘着シートにくっついて捕獲される。実際にどれほど蚊が取れるのか取材時点では試せなかったが、シャープによる実験では、捕獲率は88~98%に達したという。加湿機能はないが、空気清浄機能は同社の他の製品と同等だ。

シャープ「蚊取空清 FU-GK50」
実勢価格/5万3870円(税込み)
サイズ・重さ/幅391×高さ540×奥行き281mm・約5.9kg
空気清浄適用床面積(目安)/23畳まで
風量/0.8~5.1m3/分
消費電力/1.8~50W
運転音/18~51dB

蚊が最も誘われやすい大きさの小窓を両サイドに設置
左:本体裏の上部にUVライトがある。青い光は動作確認用のダミー
右:「蚊取り」ボタンを押すとUVライトが点灯し、蚊をおびき寄せる
(2)粘着シートで捕らえる
左:本体の裏蓋の内側に粘着シートを取り付ける
右:吸い込まれた蚊は貼り付いて逃げられない
HEPAフィルターを使うなど、空気清浄機としての性能はシャープの他のモデルと同等

コメント2件コメント/レビュー

日本本土では1950年代、沖縄でも1962年にマラリアを撲滅したのでこの病気への危機感は薄いが、世界では今でも年58.4万人もの人がこの病気で命を落としている。
栄養状態が悪いと重症化しやすいので富裕層なら命を守るために出費しても惜しくない値段だろう。ただ日本円で5.4万円弱の製品を買える方がどれだけいるのか。消耗品の粘着シートも現地の方が購入し続けられるだけの値段でなければ本格普及は難しい。将来的には現地生産で値段を引き下げ同時に栄養状態の改善にも取り組んでいく必要があり、そのためにはシャープ単体での取組ではおのずと限界があり、こういう分野こそ親会社になった鴻海が資本力と営業力を発揮して食品会社などと連携して取り組んでいくべき場面と考える。(2016/05/19 16:22)

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本本土では1950年代、沖縄でも1962年にマラリアを撲滅したのでこの病気への危機感は薄いが、世界では今でも年58.4万人もの人がこの病気で命を落としている。
栄養状態が悪いと重症化しやすいので富裕層なら命を守るために出費しても惜しくない値段だろう。ただ日本円で5.4万円弱の製品を買える方がどれだけいるのか。消耗品の粘着シートも現地の方が購入し続けられるだけの値段でなければ本格普及は難しい。将来的には現地生産で値段を引き下げ同時に栄養状態の改善にも取り組んでいく必要があり、そのためにはシャープ単体での取組ではおのずと限界があり、こういう分野こそ親会社になった鴻海が資本力と営業力を発揮して食品会社などと連携して取り組んでいくべき場面と考える。(2016/05/19 16:22)

日本の家庭でなら、網戸や窓を閉めていても迷い込んでくる日に1匹2匹の蚊を吸い取ってくれるのは確かにありがたいかもしれない。しかし東南アジアの一般家庭ではきっと桁違いの数の蚊が飛び交っているのではないでしょうか。その蚊を取り尽くすほどの性能があるものなのだろうかと言うのが素直に疑問。それとも、現地でも住宅の質が向上しているのでしょうか。(2016/05/18 09:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長