• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

急速に普及するドライブレコーダーの選び方とは

販売台数は10倍以上に

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年5月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ドライブレコーダーの注目度は高く、ここ5年で販売台数は急激に増えた
[画像のクリックで拡大表示]

 近年、ドライブレコーダーへの関心が高まっている。

 自動車用品最大手であるオートバックスセブンによると、2012年頃から、テレビの報道番組やYouTubeといった動画投稿サイトなどで、事故の瞬間や衝撃的な瞬間をとらえた映像が話題となり、ドライブレコーダーの関心が高まって需要が増えたという。

 それと同時期に、ドライブレコーダーの高性能化や低価格化が進み、普及率が一気に上がった。販売台数は、5年前の10倍以上になっているという。

 ドライブレコーダーは、常に録画をしているため、運転や事故の状況を詳細に記録できる。また、旅の道中を記録し保存するなど、娯楽にも使える。

 このように、ドライブレコーダーの需要は高まっているが、一方で、標準装備している車種はほとんどない。ドライブレコーダーが欲しければ自分で製品を選び、取り付ける必要がある。

コメント0

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士