• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国で電動立ち乗り二輪車は普及するか

山谷剛史の中国トレンド通信

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年6月18日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中国浙江省義烏市にある中国最大の卸売市場で、格安の立ち乗り二輪車が売られていました。中国で普及するかどうかについて考察します。

電動立ち乗り二輪車が価格競争に突入!

 上海から中国版新幹線で2時間弱、浙江省の義烏(イーウー)という街に中国最大の卸売市場がある。この市場で売られている物は中国全土に配送されるため、ここで注目された商品は、中国のトレンド商品となる可能性がある。

 最近、この市場を訪れた筆者が最も気になった製品が、“バランススクーター”“ホバーボード”などと呼ばれる電動立ち乗り二輪車だ。これは、ハンドルのない「セグウェイ」と思ってもらえればいい。ハンドルがない分、バランスを取るための慣れは必要だが、乗りこなせるまでにそれほど時間はかからないらしい。

 以前は電動立り乗り一輪車が主流だったが、この1、2年で二輪車に取って代わられた。一輪車のほうは実売価格1000元(約1万7000円)を切る価格だったが、二輪車の価格も同じレベルまで下がってきたためだ。1000元という価格は、中国人にとって心理的なボーダーになっているようで、この価格を切ると買いやすくなるらしい。

 ちなみにハンドル付きの電動立ち乗り二輪車も1000元台前半まで下がってきているので、近い将来1000元を切れば、それらが主流になるのではないかと思う。

義烏の国際商貿城。1日では回り切れないほど広い
[画像のクリックで拡大表示]
市場のおもちゃフロアは電動立ち乗り二輪車だらけ
[画像のクリックで拡大表示]
ハンドル付きの電動立ち乗り二輪車を販売する店も
[画像のクリックで拡大表示]

コメント4件コメント/レビュー

肝心の「商品そのもの」の写真が無い。
これでは何について論じているのかわからない。
写真が撮るないのであればメーカーへのリンクを挿入するなど
するべきで、興味のある人は自分で調べてね!では記事の意味が無い。(2016/11/19 11:09)

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

肝心の「商品そのもの」の写真が無い。
これでは何について論じているのかわからない。
写真が撮るないのであればメーカーへのリンクを挿入するなど
するべきで、興味のある人は自分で調べてね!では記事の意味が無い。(2016/11/19 11:09)

時速15kmなら自転車並みの移動スピードですし、広大な倉庫や職場の敷地内の移動ならまだしも公道を走られたら迷惑極まりないですね。日本でも自転車で暴走して歩行者を一生治らない大けがを負わせた児童の親に9500万円の損害賠償責任を背負わせる判決が下されましたが医療保険制度が未整備な中国で同様の事件が発生した日には目が当てられません。(2016/06/20 07:17)

こういう新しい乗り物には憧れます。日本ではナンバープレート取ってミラーつけてウインカーつけて・・・(2016/06/18 18:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授