• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

47都道府県の一番搾りは、本当に味が違うのか?

大手ブランド異色の試みの狙いとは

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年6月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 作り手の個性が際立つクラフトビールが人気を集めるなか、キリンビールがメジャーブランドで地域ごとに味を作り出すという面白い試みを展開しています。各都道府県に特有の風土や食文化を表現するとのことですが、どんな味が展開されているのでしょうか。

キリンビール「47都道府県の一番搾り」は2016年5月から10月にかけて地域限定で順次販売
[画像のクリックで拡大表示]

 開発にあたっては各地域の方々へのヒアリングをもとにコンセプトを作り、それを味として表現するという手法をとっています。例えば、大阪は「めっちゃ豊潤」、新潟は「豊穣でキレ」などをコンセプトに設定し、一番搾りの味をベースにしつつ、キレやコクなどを細かく調整することで独自の味を表現しているものと思われます。

 これらのコンセプトがどこまで味の違いに反映されているのか、味覚センサーでチェックしてみたいと思います。

コメント2

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長