• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クックパッドでわかった、震災時に必要なもの

役に立ったのは“粉もの”と“レンジ”

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年7月2日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「ホットケーキミックス」「薄力粉」「小麦粉」。4月14日から16日にかけて発生した熊本地震の前後、被災地となった熊本県の人たちがクックパッドで頻繁に検索したキーワードは意外なものだった。普段の検索数はそう多くないこれらのキーワードがなぜ注目されたのか。背景には、熊本地震の被災地の生活が見えてくる。

 日本最大のレシピサイト「クックパッド」。そこでは、ユーザーが毎日の食事の参考に、様々なキーワードでレシピを検索している。熊本地震の後、クックパッドは地震が起こる前と後で、同サイトの検索数の変化や、頻繁に検索されたキーワードについて調査した。

 4月14日に「前震」と呼ばれている最初の揺れが起こった直後、九州地方、特に熊本県のユーザーからの利用はガクンと落ちた。後に「本震」とされるより大きな揺れが起こった16日には、落ち込みはさらに大きくなり、いつもの4分の1程度になったという。

熊本地震における「クックパッド」の日次利用者数の変化。地震発生前日の13日を基準に、全国の利用者数を「1」とし、各地域の利用水準を示している。グラフはクックパッドのリリースから
[画像のクリックで拡大表示]

 「緊急時にはクックパッドなんて見ていられない。当然といえば当然です。むしろ4分の1も見ている人がいたことに驚いた」と、クックパッドの検索・編成部部長の五十嵐啓人氏は話す。さらに、翌17日以降は徐々に利用者数も増え始める。テレビでは連日、避難所で待機する様子が報道されていたころだが、「被災者は避難所にいる人たちだけではない。避難所で配給や炊き出しを待つほどではないし、自宅で過ごすこともできるが、物資が足りないなどの緊急事態にある人も多いだろう。その中には、震災直後でも普段の生活を取り戻そう、料理をしようという人は一定数いる」(五十嵐さん)。

 そして、熊本県からクックパッドを利用している人たちがどのようなキーワードを検索しているのかを調べてみると、さらなる発見があった。普段から一定の検索数はあったものの、今回の地震後に大幅に検索数が増えたワードがあったのだ。それが、ホットケーキミックスや薄力粉、小麦粉などのいわゆる“粉もの”だ。

コメント2件コメント/レビュー

検索数の変化による災害時の被災者の行動を分析するというのは興味深い。
一方、東日本大震災でも、電気の復旧はそれほど遅くなかった。早いところでは2日後には復旧したし、他にエリアも多くはそんなに長くなかったと記憶している。問題はガスと水で、これには1ヶ月以上かかった地域がほとんどだったし、このためにとても多くの人が苦労していた。(水は同じ地域でもかなり差があった)
給湯と炊事にガス、水が使えなかった家庭はとても多かった。カセットコンロはガスコンロの代わりで、ホットプレートを調理に活用した家庭も多かったようだ。
食料品が不足する中、ホームベーカリーでパンを焼くというアイデアは皆が思いついたようで、薄力粉は買えても協力粉やドライイーストが早い時期に売り切れていた。検索すると、薄力粉でパンを焼く工夫について情報を上げている方がいて、私も参考にさせてもらったことを覚えている。
今回の記事は興味深いが、タイトルにある「震災時に必要なもに」という点についてもう少し情報と考察が必要ではないか。(2016/07/04 11:54)

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

検索数の変化による災害時の被災者の行動を分析するというのは興味深い。
一方、東日本大震災でも、電気の復旧はそれほど遅くなかった。早いところでは2日後には復旧したし、他にエリアも多くはそんなに長くなかったと記憶している。問題はガスと水で、これには1ヶ月以上かかった地域がほとんどだったし、このためにとても多くの人が苦労していた。(水は同じ地域でもかなり差があった)
給湯と炊事にガス、水が使えなかった家庭はとても多かった。カセットコンロはガスコンロの代わりで、ホットプレートを調理に活用した家庭も多かったようだ。
食料品が不足する中、ホームベーカリーでパンを焼くというアイデアは皆が思いついたようで、薄力粉は買えても協力粉やドライイーストが早い時期に売り切れていた。検索すると、薄力粉でパンを焼く工夫について情報を上げている方がいて、私も参考にさせてもらったことを覚えている。
今回の記事は興味深いが、タイトルにある「震災時に必要なもに」という点についてもう少し情報と考察が必要ではないか。(2016/07/04 11:54)

未だに「非常食」の定番は「乾パンと氷砂糖」で、氷砂糖はスーパーでも売っているが乾パンはとんと見かけなくなった。兄の家では自治会の役員をやっている都合上か非常時対応を怠らないが、乾パンはネットで買っているそうだ。乾パンも氷砂糖も飲み水もほとんど手に入らない状態でも空腹をしのぐ事が出来るものではあるが、現代においてはこの記事に書かれているようなパンケーキミックスの方が使い勝手も良く、喜ばれるのだろう。今の世には災害対策の専門家もいる様だから、彼らが現代に適した「非常袋」の中身を周知した方が良いと思う。未だに戦前と同じものを揃えさせるのでは「時代遅れ」の謗りは免れない。(2016/07/02 17:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長