• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

活動量計と融合したスマートウォッチの実力は?

バッテリーは最長5日持つ

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年7月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2016年6月に発売されたFitbitの「Blaze」は、活動量の計測に優れたスマートウォッチ。使い勝手はどれほどのものか、詳しく検証した。

フィットネスデバイス(活動量計)が数多く登場

 健康志向が強まる近年、歩数や睡眠時間、脈拍などを計測できるフィットネスデバイス(いわゆる活動量計)が多く登場している。運動不足が気になる筆者は2年ほど前から、右腕にフィットネスデバイスを装着している。さまざまな身体状態の気づきをもたらしてくれる頼もしい存在だ。

 ガジェット好きでもある筆者は、右腕に加えて、左腕にはスマートウォッチを装着している「二刀流」でもある。しかし普通の人であればきっと、「1つで事足りるデバイスが欲しい」と思うことだろう。

 活動量計としての十分な機能を備えながらスマートウォッチとしても使える、そんな一石二鳥のアイテムとして2016年6月に販売を始めたのが、米国Fitbitのスマートフィットネスウォッチ「Fitbit Blaze」(以下、Blaze)だ。そこで日経トレンディネットの専門サイト「スマートウォッチへの招待」では、本製品を詳しくチェックしてみた。

Fitbitのスマートフィットネスウォッチ「Blaze」。実勢価格は2万6800円(税別)。ベルトのカラーは左からブラック/ブルー/プラムの3色を用意するほか、Small/Largeの2サイズが選べる
[画像のクリックで拡大表示]

歩数も心拍数も運動も、これ1本で測れる

 Fitbitはフィットネスデバイス大国の米国でシェアNo.1を誇る有名メーカー。BlazeはそのFitbitの最新モデルとあって、活動量計としての幅広い機能を備えている。

 例えば、日常生活であれば歩数や距離、消費エネルギーに加えて、心拍数や睡眠時間、階段を上った数なども計測。運動であればランニングやサイクリングなど、さまざまなスポーツでの計測に対応する。

 また、自動的にエクササイズの種類を認識して記録する機能を装備。スマホのGPSを使ったルート記録なども可能だ。

 Blazeの大きな特徴となるのがタッチ対応のカラーディスプレーを備えること。時間や歩数、心拍数などの情報を手元で確認できるのはもちろんだが、画面に独自トレーニングのコーチングを表示する機能なども搭載する。初心者から上級者まで多くの人が利用できるはずだ。

画面上にさまざまな情報を表示。カラー表示で見やすく、バックライトも備えるので暗い場所でもしっかり確認できる。生活防水対応だが水泳やシャワーは不可
[画像のクリックで拡大表示]

スマホからの通知もわかる

 デザイン面にも特徴がある。コア部分を簡単に取り外すことができ、スポーティーな生活防水仕様のバンドだけでなく、フォーマルなレザーバンドやメタルバンドに取り付け可能。TPOやファッションに応じて使い分けられるのが魅力だ。

 スマホとの連携機能を強化することで、スマートウォッチとしての機能にも対応。電話やSNS、カレンダーの通知を確認できる「アラート機能」や、音楽アプリを操作できる「ミュージックコントロール機能」などを備える。

別売りのレザーバンド(左:1万1800円)とメタルバンド(右:1万4800円)。レザーバンドは写真のキャメルのほかにブラックとミストグレーも用意する
[画像のクリックで拡大表示]

コメント0

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長