• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ランボルギーニが量産車史上最速を実現できた訳

ウラカン・ペルフォルマンテ上陸

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2017年7月15日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」
[画像のクリックで拡大表示]

 アウトモビリ・ランボルギーニが最新モデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」を2017年6月8日に日本で初披露した。価格は3416万9904円となる。

 このクルマは2017年3月にスイスで開催された「ジュネーブモーターショー」で発表され、“ロードカー史上最速”とうたわれた高性能モデルだ。ランボルギーニの主力モデルである「ウラカン」の走行性能をさらに磨き上げ、2016年10月にはドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで量産車史上最速ラップとなる6分52秒01を記録。2013年にポルシェ「918スパイダー」が記録した最速ラップを4秒99も上回っている。

新型車「ウラカン・ペルフォルマンテ」は2016年10月にドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで量産車史上最速ラップとなる6分52秒01を記録
[画像のクリックで拡大表示]

 これだけの記録を出しながらも、パワートレインはほかのウラカンと共通する5.2LのV10 自然吸気エンジンに7速DCTを組み合わせたもの。改良によって最高出力は既存モデルより30馬力アップした640馬力に、最大トルクは40Nmアップした600Nmまで向上している。これにより、0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は325km/h超えの性能を実現している。

ランボルギーニ「ウラカン」の他モデル同様に5.2LのV10 自然吸気エンジンに7速DCTを組み合わせたパワートレインを採用しつつ、出力、トルクともに向上している
[画像のクリックで拡大表示]

コメント2件コメント/レビュー

タイトルからステマ臭がプンプン漂っていたのだが、中身もその通りで、日経も落ちぶれたもんだと感じた。
「最速を実現できたわけ」という「最速」を前提にしたタイトルが臭すぎる。中身は「ニュル限定で最速」なだけで、タイトルは誇大広告ではないのか。筆者が幾ら広告料を貰っているか判らないが、このような記事を「PR」も無しに掲載する日経も同罪である。(2017/07/18 08:53)

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

タイトルからステマ臭がプンプン漂っていたのだが、中身もその通りで、日経も落ちぶれたもんだと感じた。
「最速を実現できたわけ」という「最速」を前提にしたタイトルが臭すぎる。中身は「ニュル限定で最速」なだけで、タイトルは誇大広告ではないのか。筆者が幾ら広告料を貰っているか判らないが、このような記事を「PR」も無しに掲載する日経も同罪である。(2017/07/18 08:53)

このレベルの速度、加速度になると、まっすぐ走るのかがきにかかる。高速走行時に路面の凹凸から受ける衝撃は計り知れないものがあるが、それでアライメントが狂わないのか?、など素朴に疑問に思う。特別な場所で数回その速度を出せたというだけではないだろうが、では(法的な問題は別にしても)どんな場所ならその速度を出せて、どの程度の耐久性があるのだろうか? 単にテクノロジーの紹介をするだけでは 、ランボルギーニの宣伝部門であるかのようです。(2017/07/15 09:34)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長