• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スマホで「逃げた猫」捜し 試してみたら便利

自由な猫の動きを電波でキャッチ

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2017年7月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本国内の飼い猫数は増え続け、約985万頭と1000万頭に迫る勢いだ。その約7割が外に出さず飼う“室内飼い”とみられているが、飼い主の一瞬の不注意で家から出てしまったまま戻れなくなる“迷子猫”もまた増えている。またどんなに注意をしていても、震災などが起こったとき、飼い猫とはぐれてしまう事態に不安を抱く飼い主も多い。

 オープンストリーム(東京都新宿区)は、行方が分からなくなった猫をIT技術で捜索する“ねこさがしIoTサービス”「ねこもに」を開発。2017年6月19日に機器を発売し、サービスを開始した。Bluetoothの電波強度を手掛かりに、統計的なアルゴリズムにより飼い猫の位置を推定し、探索をサポートするサービスだという。

「ねこもに発信機」(実勢価格6900円)。通信有効距離は最大約75m(実測値。接続機器・使用環境に依存する)
[画像のクリックで拡大表示]
「ねこもに発信機ケース」(実勢価格1200円)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ねこもに」は、猫の首輪に付ける発信機と、iPhoneのアプリで構成されている。あらかじめスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、飼い猫に発信機付きの首輪を付けておく。猫が逃げ出した場合、スマホのアプリを起動。通信有効範囲である最大半径75m(実測値)内に猫がいれば、発信機が放出するBluetoothの電波をスマホがキャッチし、スマホの地図画面に猫がいる可能性の高い位置を表示してくれる。

ケースに入れたねこもに発信機を、首輪に付けて猫に装着させる
[画像のクリックで拡大表示]
ねこもに発信機はケース無しでも装着させられる
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者宅にも猫がいるが、元ノラのせいか外への興味が強く、戸締まりを厳重にしていても脱走の不安がぬぐえなかった。そのため「ねこもに」が2016年10月に発表されてから発売を心待ちにしていたが、本当に離れ離れになった猫を捜せるのか、疑問もあった。そこで発売直前の「ねこもに」を借りて、実際に試してみた。

「ねこもに」スマホ画面。迷った場所をしばらく歩き、猫の位置情報をキャッチすると、猫がいる可能性が高い場所が黄色やオレンジになり、猫との距離が画面右に表示される
[画像のクリックで拡大表示]

コメント6件コメント/レビュー

ローパワーのIoTデバイス通信規格が出来たようです。
「『直径10マイル、10年の電池寿命』をフレーズとした長寿命通信機器を作ることができるとしています」だそうなので、この規格を採用してみては如何でしょうか? 普及はまだ先でしょうが。。。

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/keyword/1003870.html(2017/07/24 18:47)

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ローパワーのIoTデバイス通信規格が出来たようです。
「『直径10マイル、10年の電池寿命』をフレーズとした長寿命通信機器を作ることができるとしています」だそうなので、この規格を採用してみては如何でしょうか? 普及はまだ先でしょうが。。。

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/keyword/1003870.html(2017/07/24 18:47)

フジテレビの「逃走中」を連想しました。

逃げ切った(?)ネコが賞金を貰える訳でもないですけど(笑)(2017/07/18 14:21)

これまで2匹に脱走された経験があり(どちらも無事発見)、保護猫活動のお手伝いもしているので、こうしたデバイスには以前から興味があります。いくつか試したこともありますが、ようやく実用的なものが出てきたと嬉しく思います。猫に装着する端末が首輪と一体化するぐらいに小型化されたり、電池切れの不安がなくなるとさらにいいですね。例えば、振動などで発電→充電する機能とか、アンテナを内蔵しておき、電池が切れている場合でもパッシブなタグとしてリーダー側からの電波で反応する機能(近距離でしか反応しなくても手がかりがあるとないとでは大違い)など、今後のさらなる進化にも期待したいです。(2017/07/18 13:10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長