日経トレンディ">
  • BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

JINSの「スマートメガネ」で集中力を高めてみた

心を静めてストレス対策にもなる

2016年7月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 メガネ型のウェアラブル端末といえば、VRやAR対応HMDといった、バーチャルの世界もしくはデジタルな情報を重ね合わせた世界を見るアイテムが一般的だ。

 しかしメガネメーカーとして有名なジェイアイエヌは、装着者の動きやメンタルを可視化する端末「JINS MEME」(ジンズ・ミーム)を2015年11月に発売した。筆者は、発売開始日に自腹で購入し、レビュー記事「これはメガネの革命か? JINSが出した「スマートメガネ」を2カ月間使ってみた」を書いた。

 JINS MEMEは、いうなれば自分自身を見るための「スマートメガネ」。眼電位センサーで目の動きをセンシングすることで眠気や集中力、落ち着き具合などを計り、加速度センサー・ジャイロセンサーで身体のバランスを計る。

 発売当初には、カラダとココロの年齢を計る「JINS MEME」、ランニングフォームのぶれを計測する「JINS MEME RUN」、眠気を検出する「JINS MEME DRIVE」のアプリがリリース。またJINS MEMEの開発に携わっている一戸晋氏に話をきいたときは、「自分自身をより深く見ることができるように、今後もさまざまなアプリを開発していく」と語っていた。

集中力を高め、ストレスにも動じないように

 そして2016年5月、新たに「JINS MEME OFFICE」(以下、OFFICE)、「JINS MEME ZEN」(以下、ZEN)、「JINS MEME WALK」(以下、WALK)という3つのアプリがリリースされた。

JINS MEMEから新たに登場した3つのアプリ。左から、仕事中の集中の度合いを計測する「OFFICE」、集中力トレーニングを行うサポートアプリ「ZEN」、歩きの質を判定する「WALK」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 OFFICEは集中の度合いを計測してくれるアプリ。デスクワークや勉強など、集中力が求められるシーンにおいてアタマ・ココロ・カラダの状態を計測し、集中力を高めるためのアドバイスをしてくれる。

 ZENは自律神経の状態をチェックしながら集中力トレーニングを行うサポートアプリ。スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツも実践していた瞑想(メディテーション)をおこない、集中力・判断力・創造性を高められる結果に導いてくれる。

 WALKはスピード・ストライド・フォームを合わせた歩きの質を判定するアプリだ。

 身体の鍛練の結果は把握しやすいが、メンタルの修行結果は把握しにくい。しかし、ZENで瞑想トレーニングをおこないOFFICEでその結果を見ることができるなら、ココロを鍛えることができるのではないだろうか。

 また、瞑想を習慣化させる効果も期待できそうだ。実際にZENは、耳から入ってきた音や頭のなかに浮かんできたことに集中してから、ゆっくりとした呼吸によって思考を手放す、いま話題のストレス対策法「マインドフルネス・トレーニング」に沿った内容となっている。

 思い立ったが吉日、実践あるのみだ。JINS MEMEで集中力が増すようになるのか試してみた。

コメント0

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長