• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

MSの「コルタナさん」はiPhoneで活躍できるか

Siriのことはどう思っているのか?

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年8月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[画像のクリックで拡大表示]

 「Cortana(コルタナ)」は、Windows 10に標準搭載されている、マイクロソフト社が開発した音声アシスタントサービスだ。また2016年春には、iPhone版、Android版のコルタナアプリも登場した。ただし現状Android版は日本語に対応していない。

 音声アシスタントと言えば、iPhoneには「Siri」が標準搭載されている。2012年から日本語に対応して以来、認識精度は向上し、音声だけでiPhoneを操作するなど、できることも増えてきた。

 iPhone版のコルタナは何ができるのだろうか。Siriと比べて、どんなところが違うのかを、実際に使って確かめてみた。

[画像のクリックで拡大表示]
iPhone版のコルタナ

Win10のコルタナと連携

 コルタナはアプリとして提供されるので、利用するにはApp Storeからダウンロードする必要がある。起動すると「Microsoftアカウント」でのサインインを求められる。

 Microsoftアカウントは、マイクロソフト社が提供するオンラインサービスに必要なアカウントだ。1つのアカウントで「Microsoft Office」「OneDrive」などのサービスが利用できる。

コルタナの利用には「Microsoftアカウント」でのサインインが必要。Microsoftアカウントは無料で作成できる
[画像のクリックで拡大表示]

 コルタナを起動すると「ホーム」画面が表示され、現在地の天気やニュースのヘッドラインなどが画面に並ぶ。「ノートブック」の設定により、表示したいカードをオン・オフして表示を変更できる。

コルタナのホーム画面。現在地の天気やニュースのヘッドラインが表示される。音声アシスタントとして利用するには、画面下部にあるマイクアイコンをタップする
[画像のクリックで拡大表示]

 音声アシスタントとして利用するには、ホーム画面にあるマイクアイコンをタップする。Siriは「Hey Siri」と呼びかけることで、ロック画面の状態からでもSiriを呼び出して実行する機能があるが、iPhone版のコルタナには同等の機能はない。スマホを手で持たずに操作したいなら、Siriのほうが有利だ。

 一方、Windows 10版のコルタナは、「コルタナさん」の呼びかけに続いて、指示したいことを伝えると、自動的にコルタナが処理する。またiPhone版のコルタナは、スケジュールやリマインダー、表示するカードなどで、Windows版のコルタナと連携できる。

Windows 10に標準搭載されたコルタナ。スケジュールやリマインダー、表示するカードなど、iPhone版のコルタナと連携できる
[画像のクリックで拡大表示]

コメント0

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長