• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英国では野外フェスで「豪華キャンプ」が増殖中

“優雅”が新しいフェスの形?

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年8月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 英国では本格的な夏の野外音楽フェスティバルシーズンを迎えている。6月のワイト島フェスティバル、グラストンベリー・フェスティバルを皮切りに、7月はTイン・ザ・パーク、ラティテュード、8月はレディング&リーズ・フェスティバルと、夏を通して毎週のように大型フェスティバルが開催されている。

 英国の野外音楽フェスは、都市部から離れたカントリーサイドの大自然のなかで行われることも多く、宿泊は会場内でテントを張るキャンプが中心だ。しかし、そんなフェスの風景も最近少しずつ変化してきた。

6月下旬に英南西部サマセットで行われる「グラストンベリー・フェスティバル」
[画像のクリックで拡大表示]

もはや寝袋持参は古い? UKロックは優雅に楽しむ

 英国といえばUKロックといわれるように、昔から英国の音楽はカルチャーシーンで重要な役割を果たし、経済的にもこの国に恩恵をもたらしている。

 音楽業界の統率団体「UK Music」が行った調査によると、2015年に何らかの音楽イベントに参加した人の数は2700万人以上、そのうち野外フェスに参加した人の数は370万人。海外から音楽イベントのために来英したのは76万人で、1回の来英につき平均852ポンド(2016年7月現在、約11万7500円)を使ったという。また、市場リサーチ会社「Mintel」によると、2010年から2015年までの5年間のうち、音楽フェスティバルやコンサートはレジャー産業のなかで最も急成長を果たした分野だったという。

 英国の夏はすこぶる快適だ。30℃を超えることはほぼなく湿度も低い。緯度が高い影響で、21時を過ぎても日が沈まないので、人々は夜遅くまで屋外で過ごす。太陽の下、芝生に寝転んでビールでも飲みながら、好きなバンドのコンサートを観るのは最高だ。野外フェスは天候に左右されることもあるが、天気も含めて自然のなかでのエンターテインメントを楽しむのがフェスの面白さだろう。

 これまでは広大な敷地にいくつもステージを配した大型フェスが主流だったが、数年前から、ニッチなファンをターゲットにした小規模なフェスもじわじわと人気を集めるなど、フェスは多様化している。

 さらに注目されるのは、フェスにおける宿泊の変化だ。通常、フェスは週末にかけて連日で開催されるので、何らかの宿泊施設を利用することになる。これまでは、
 1.持参のテントでキャンプする
 2.会場周辺のホテルに泊まる
 3.キャンピングカーに泊まる
などが主流だった。

英国の野外フェスは、キャンピングカーをレンタルして訪れる人も多い
[画像のクリックで拡大表示]

 このうち最も多いのはキャンプだが、テントと寝袋持参で、駐車場から重い荷物をかついでキャンプ場まで歩くのはハードワークだ。キャンプ場には、トイレと水道、流し台はあるものの、シャワーはなし。これはきれい好きな人には厳しい。キャンプ場に監視員はいるが、盗難などの犯罪はつきもの。周辺のホテルに泊まるのは便利なようだが、ホテルと会場の距離が遠くて毎日の往復が意外に大変だったり、そもそも会場近くのホテルの予約がなかなか取れなかったりする。また、キャンピングカーは個人で所有している人が少なく、レンタルもかなり高額だ。つまり、“アウトドアは苦手”という人にとって、野外音楽フェスで泊まること自体が高いハードルだった。

 そんななか、最近脚光を浴びているのが「グランピング」だ。グランピングとは、「グラマー(Glamour、魅力的な)」と「キャンピング(Camping)」を混ぜた造語。会場にあらかじめ用意されたテントなどに泊まり、快適なアメニティーやサービスもあり、気軽にぜいたくにキャンプするというのがコンセプトだ。グランピングと同じ意味で、ブティック・キャンピング(Boutique Camping)という呼び方もある。英国では2005年頃からこのグランピングが注目され、野外音楽フェスにもこのグランピングが登場するようになった。

コメント1

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員