• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

無人運転のEVバスはレールのない路面電車感覚

障害物を検知した場合、自動的に減速・停止

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年8月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[画像のクリックで拡大表示]

 イオンは、8月1日(月)~8月11日(木)にわたり(※8月6日は運行休止だった)、千葉市にある豊砂公園で日本初となる無人運転バスの試験運行を実施した。

 DeNAの交通サービス「Robot Shuttle」を利用して行われる実証実験で、使用する無人運転バスはフランスのEasyMile社が自動運転専用に開発した電気自動車(EV)「EZ10」。全長3928×全幅1986mmのコンパクトな車体に最大12名が乗車できる。

電車で言えばゆりかもめ?

 無人運転バスは、まず走るコースをあらかじめ有人走行(つまりドライバーが走行)し、地図データ上にルートを覚えこませる。そして有人走行で得たデータによりルートを設定し、これに沿ってカメラや各種センサー、GPSを用いて無人で自動的に走行するというものだ。車両の近くやルート上に障害物を検知した場合、その障害物との距離に応じて自動的に減速または停車し、危険を回避する。走行状況や進行方向、社内の映像は管理センターにリアルタイムで送られ、管理される。新交通ゆりかもめなどの自動運行電車のバス版と考えると分かりやすいだろう。電車と異なるのは線路ではなく、レールがない道路上を走ることと、駅がバス停になることだ。

 今回のRobot Shuttleの試験運転は、イオンが進める「地域エコシステ ム」の取り組みの一つだ。地域の住民、行政、複数の企業など相互に関連する全体を、一種のエコシステム(生態系)ととらえて地域の発展を目指すものだという。イオンは将来的にRobot Shuttleのような無人バスを、広大な敷地を持つイオンモール内の移動手段として使うことを狙っているのだ。

 今回の試験運行コースは、イオンモール幕張新都心(千葉市美浜区豊砂)に隣接する豊砂公園内の遊歩道を閉鎖した全長250mの専用コースで、このコースを往復する乗車を体験ができる。実際の運行を想定した有料サービスで誰でも利用でき、料金はおとな200円、小学生以下の子供100 円、2歳未満は無料となっている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

コメント1

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長