• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Airbnbが家を作った?「ハウス・ビジョン展」

異業種が考える家のカタチ

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年8月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東京・お台場の青海駅前で「HOUSE VISION(ハウス・ビジョン)」という名の展示会が、今週末の8月28日まで開催されている。アイデアや考え方を実際に「実物大の家にしてみた」エキシビションハウス群は、さながら家の形をした未来生活の実験場だ。

 小部屋をジャングルジムのように積み上げた集合住宅もあれば、薄膜の壁が情報や映像のスクリーンになる、遊牧民のゲルのような丸い建物もある。巨大な角材を切断したような直方体の隣には、高床式の「オフィス」が建っている。

[画像のクリックで拡大表示]
ハウス・ビジョン展の企画・構想は日本デザインセンター代表の原研哉氏、会場構成は新国立競技場の設計も手がけた隈研吾氏
[画像のクリックで拡大表示]

「住まいの未来図アイデア」を、本当に作ってみた

 ここには見慣れた姿をした普通の「住宅」は1つもない。展示されている「家」はそれぞれ企業とクリエイターのコラボレーションによって、未来の生活を提案するアイデアを形にしたものだ。

 参加企業はLIXILやトヨタ自動車といったメーカーから、無印良品、三越伊勢丹、ヤマトホールディングスなど住宅関連以外も多い。民泊を世界に広めたAirbnbも参加している。それぞれの企業が建築家やデザイナーなどのクリエイターと組み、自社の先端的な試みとつなげた提案を形にしている。

 提案とはいえ、エキシビションハウスは移築して使い続ける予定のものもあり、単なる絵空事とは違うリアリティーがある。

お台場の青海駅前の特設会場に、13の企業とデザイナーや建築家などのクリエイターとが組んで、12のエキシビションハウスを作った
[画像のクリックで拡大表示]

コメント0

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長