• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ホンダの2代目NSX、納車は既に数年待ち

2370万円なら安い?

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年9月17日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダはスポーツカー「NSX」を2017年2月27日に発売すると発表し、8月25日から受注を開始した。グレードは1種類だけで税込み価格は2370万円。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

米国の研究所を拠点に日米合同チームで開発

ホンダ 八郷隆弘社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダ初のスーパーカーであるNSXが送りだされてから26年、初代の生産が2006年に終了してから10年を経て、ついに待望の2代目の発売が決まった。初代、2代目の共通点は、2シーターのミッドシップスポーツカーであることだけで、2代目はすべてをゼロから開発したオールニューモデルだという。

[画像のクリックで拡大表示]

 開発は米国の研究所を拠点に、日米のエンジニアが参加する合同チームで進めてきた。製造は栃木や鈴鹿の日本工場ではなく、米国オハイオ州のメアリズビル四輪工場に隣接する新しい専用工場、パフォーマンス・マニュファクチャリング・センターで行う。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

コメント1

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック