• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「中古カメラ」に注目、安さだけではない魅力

新品に迫る保証体制も

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年10月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 秋の行楽シーズンが到来し、デジカメの新調を考えている人もいるだろう。ただ、昨今のデジカメは画質や性能を高めたものが多く、新品はなかなか手が出せない価格になっている。そこで注目したいのが、中古のカメラやレンズだ。新品と比べて安く手に入ることが評価され、「自分はもっぱら中古カメラを選ぶ」という根強いファンも多い。

 だが、中古というと「どこか壊れているのでは?」「きたないイメージがある」「昔の古いカメラばかりで、新しいカメラはない」といったネガティブなイメージを持つ人も多い。古くから中古カメラ店を愛用してきた筆者に言わせてもらえば、そのような考えは実態を反映しておらず、実にもったいない!

 確かに、中古カメラの世界は玉石混淆だ。作られてから半世紀以上も経つオールドカメラから、どこかに問題があり修理しても使えないジャンク品も存在する。もっとも、このような中古品はカメラに詳しいコレクターやマニア向けであり、一般ユーザーは無視してもよい。

 逆に注目したいのが、中古品といっても新品に近いピカピカなカメラやレンズもたくさん並んでいること。量販店の店頭で新品が売られている現行のデジカメも、中古カメラ店には多く並んでいる。販売が始まったばかりの新製品が並ぶことも珍しくないのだ。

中古カメラ店「マップカメラ」の店内。ショーケース内には中古のカメラやレンズがきれいに並べられ、街のリサイクルショップのようなホコリっぽいイメージはまったくない
[画像のクリックで拡大表示]
発売から数年経った旧モデルもあるが、現行のモデルも中古カメラとして店頭に並ぶことが多い。もちろん新品で買うよりもお買い得だ
[画像のクリックで拡大表示]
交換レンズを中古で狙うのもあり。現行モデルも多く、リーズナブルな予算でレンズをそろえられる。きれいな商品が多く、使い込まれた中古品は少数派だ
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、中古カメラの魅力や選び方、購入の際の注意点など、基本的な点をまとめて紹介していきたい。

コメント1

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長