• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

MacBookも充電できる巨大バッテリーは買いか?

ポケモンGOや家族旅行でも大活躍

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年9月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[画像のクリックで拡大表示]

 MacBook(Retina 12インチ)は、2015年モデルを発表と同時にApple Storeに予約して購入したので、1年4カ月ほど使っていることになる。薄くて軽いだけでなく、Retinaディスプレーを搭載した妥協のない点も、モバイルには最強のMacだと感じている。

 2015年モデルのMacBookのバッテリーは、スペックシート上「最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧、最大10時間のiTunesムービー再生」と記載されている(2016年モデルはそれぞれ1時間延びた)。バッテリーは以前よりもかなり持つようにはなったが、自分の作業で集中して使うと、6〜7時間しか使えない感じがする。それでも1kgを切るMacが、バッテリーだけでこれだけの時間を使えるのはすごいことだ。

 しかしバッテリーの残量を気にせず、いつでもどこでも使えれば、さらに最強だ。MacBookを充電できるモバイルバッテリーが登場し始めたこともあり、導入してみることにした。

 なるべく長く使いたいので、MacBookへの充電に対応し、大容量かつ手頃な価格のモバイルバッテリーを探していたら、アマゾンでAnker社の「ANKER PowerCore+ 26800」という製品を見つけた。「26800」はバッテリー容量の2万6800mAhを示し、スペック上はMacBookを3回以上充電できるとのことだ。たまたまセールで安価になっていた(7999円、6月12日時点)こともあり、購入を決めた。

 そのとき「ANKER PowerCore+ 20100 USB-C」という製品(6999円)もあり、どちらにすればよいのか少し迷った。こちらは、名前も示すようにモバイルバッテリー本体にUSB-Cポートを搭載し、MacBookのUSB-Cポートと接続して充電できる。PowerCore+ 26800でもUSB-A to USB-Cのケーブルを別途用意すれば、MacBookを充電可能との説明があり、違いがよくわからない。少しでも容量の多いほうがよいだろうと判断し、PowerCore+ 26800を選んだ。

 使っているうちに違いがわかってきたので、その点は後述する。残念ながら8月26日時点ではどちらの製品も品薄で、価格も高くなっている(編集部注:PowerCore+ 26800は1万5000円、PowerCore+ 20100 USB-Cは1万3000円)。

容量2万6800mAhの「ANKER PowerCore+ 26800」。本体を8~9時間で満充電できる急速充電器とケーブルが付属
[画像のクリックで拡大表示]
MacBookへ充電するために、USB-A to USB-Cのケーブルを別途購入した
[画像のクリックで拡大表示]

コメント0

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師