• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

折れないだけじゃない、最新シャープペン事情

大人が持ちたい筆記具

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年10月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2014年に発売された芯が折れにくいシャープペンシル(以下、シャープペン)2種類、ぺんてるの「オレンズ」とゼブラの「デルガード」の登場は、それまで小中学生が中心だったシャープペンのユーザー層を一気に広げ、ビジネスパーソンを中心に大人も使う筆記具となった。

 2016年の新しいシャープペンは、そのニーズを受けてなのか、金属パーツを使った大人向けのものが人気になっている。また、シャープペンの新たな可能性を探るべく、芯を出すメカニズムを再考した製品や、シャープペンに付属している消しゴム部分に着目した製品も登場した。

細いラインがきれいに消せる
繰り出し消しゴム付き「モノグラフゼロ」

トンボ鉛筆「モノグラフゼロ」(600円)。写真はライム、0.5mmタイプ
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープペンを使うメリットの一つは、鉛筆と同様に消しゴムで消せるということだ。しかし、シャープペンに付属する消しゴムは、決して消しやすいものとは言えない。また、0.5mmの精密な線が引けるということは、消す場合にもかなり細かい作業が要求される場合もある。その部分に着目したのが、トンボ鉛筆の「モノグラフゼロ」だ。

 モノグラフゼロは、ノックボタンが消しゴムユニットになっていて、ボタンをノックすれば芯が出るのはもちろん、ボタンを回転させると、ボタンの先から直径2.3mmの細い消しゴムが繰り出される。このあたり、消しゴムブランドの「MONO」の面目躍如というところか、シャープペンでの精密消しが可能なのだ。

ノックボタンを回すと、ボタンの先から細い消しゴムが繰り出される。この少し固めの消しゴムで精密な消し方が可能に
[画像のクリックで拡大表示]

 また、金属グリップはすべり止めが付いて握りやすく、製図用シャープペンと同じような作りで重心が低く書きやすい。さらに、口金から2段階で突き出している固定ガイドパイプは4mmと長く、筆記部分の視界が広く取れるので、細かい図面などの作図にも対応するなど、プロ用シャープペンのムードを感じさせる。

すべり止めになっている金属グリップの先に、長めのパイプが付いていて、そこから芯が出る
[画像のクリックで拡大表示]
固定式の長いパイプは、定規で線を引く際に位置を見やすく、正確な線が引ける
[画像のクリックで拡大表示]

 軸の色は、ライトブルー、ピンク、ライム、シルバーの4色に、MONO消しゴムでおなじみの青白黒のストライプのモノカラーがある。芯は0.5mmだが、モノカラータイプのみ、0.3mmシャープペンも用意されている。もちろん、替え消しゴム(100円)もある。

軸のカラーは、ライトブルー、ピンク、ライム、シルバーの4色とモノカラー。モノカラーには0.3mmのタイプもある
[画像のクリックで拡大表示]

 これは、いわゆる“折れないシャープ”ではなく、従来の製図など精密な線を引くためのシャープペン。実際に持ったときの極端な低重心と、消しゴム繰り出しシステムの精巧さは、これまでになかったものだ。デザイン的にも価格(600円)以上の高級感がある。

コメント1

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO