• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

iPhone 7と7 Plusどちらが買い?

デュアルカメラはそんなに重要か

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年9月24日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[画像のクリックで拡大表示]
 iPhone 7と7 Plusはどちらを買うべきなのか? 「すべてのiPhoneを買い替えてきた男」であるライターのジャイアン鈴木氏が、7/7 Plusの新機能を細かくチェックしつつ、どちらがいいのかをアドバイスする。

 アップルは「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を2016年9月8日に発表、16日に発売した。今回も公式発表前からさまざまなリーク情報が伝えられていたが、それを上回る新情報がプレゼンテーションに盛り込まれており、多くの人の物欲を強烈に刺激しているようだ。

 この記事では、IT系ライターというよりも、これまで日本で発売されたすべてのiPhoneを発売日に購入してきたガジェットオタクとしての立場から、新型iPhoneが買いか否か、そして買うならどちらのモデルを購入すべきかを、新機能を紹介しつつ検討していきたいと思う。

Dラインが変わった!

 iPhone 7/7 Plusは、下表の通り、iPhone 6s/6s Plusとサイズはまったく変わらない。ただし詳しくは後述するが、カメラ部が大口径化されているため、従来のケースは装着できても、そのまま使えない。

新旧iPhoneのサイズ比較
[画像のクリックで拡大表示]

 筐体のサイズ、形状はほとんど変わっていないが、これまで「Dライン」と呼ばれてきた電波の通り道となる樹脂部分の形状が変更されている。

 「D」の一画目が省略されているので「Cライン」とでも言うべきだろうか。電波の通り道が少なくなっているぶんワイヤレス通信の感度・実効通信速度の点では不利になるかもしれないが、アンテナの形状、大きさ、配置を見直すことにより、従来どおりの性能を確保しているのだろう。

iPhone 6シリーズはカメラの下に白い樹脂パーツで電波の通り道が確保されていたが、iPhone 7/7 Plusでは省略されている
[画像のクリックで拡大表示]

 カラーはスペースグレイが廃され、つや消しの「ブラック」、ツヤありの「ジェットブラック」が追加され、ローズゴールド、ゴールド、シルバーと合わせて全5色のラインアップとなった。

 カラーばかりは好みが分かれるだろうが、電波の通り道である樹脂パーツがブラック、ジェットブラックで圧倒的に目立たない。これまで「Dライン」が気に障って仕方のなかった人は、黒2色から選ぶといいだろう。

ブラック、ジェットブラックは電波の通り道である樹脂パーツが黒くなっており、金属筐体に馴染んだデザインとなっている
[画像のクリックで拡大表示]

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長