• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

見た目がスゴイ! 「悪臭退散マスク」って何?

「今日の電車は臭かった」がきっかけ

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年9月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 毎年、各メーカーから新たな切り口のマスクが発表される。花粉やウイルスをブロックする基本機能のほかに、化粧がつかない、口紅がつかない、呼吸が苦しくない、香り付き、耳が痛くならないなど、その特徴はさまざま。マスク大国ともいえるほど多種多様な製品が氾濫しているなか、ピップから今までなかった発想のマスクが発売される。

 それが「悪臭退散マスク」だ。電車のなかなどで使う、悪臭をブロックするマスクだという。言われてみれば、あると便利だと思う。特に、年末の宴会シーズンなどに夜遅く電車に乗ると、車内にアルコールや焼き肉、にんにくなどのニオイがこもることが多い。

 しかし、わざわざそのためだけに、専用のマスクを作ったことに驚いた。どんなきっかけで開発することになったのか、ほかのマスクとどう違うのか、ピップの開発担当者に話を聞いた。

ピップ「悪臭退散マスク」(3枚入り、オープン価格)、2016年9月発売
[画像のクリックで拡大表示]

きっかけは出勤時の電車

 「朝、オフィスに入ってくると開口一番、『今日の電車は臭かった』と言う男性社員がいるんです。この言葉がきっかけでした」。そう話すのは、悪臭退散マスクを開発した、ピップ商品開発事業本部プロダクトマーケティング部新規開発課の角有沙子さん。

 実際に、ピップが1万人に行った調査によると、他人のニオイが気になる人は女性で70%、男性でも50%になり、特に電車の中が気になると答えた人が69%だったという。さらにマスクでその状況を対処したかという質問(49人に対しての調査)には、47%の人がはいと答えた。しかし、マスクの対処の満足度は約40%と低かったのだという。

[画像のクリックで拡大表示]

 「ならば、悪臭を防御するためのマスクを作ろう、となりました」と、ピップ商品開発事業本部、プロダクトマーケティング部新規開発課の池田和宏課長は話す。もともとターゲットを絞った製品が多いことから話はとんとん拍子で進んだそうだ。

コメント5件コメント/レビュー

自分が吸い込む悪臭を防ぐなら、自分が吐き出す悪臭も防いでくれそうですね。奥さんや子供から家庭内で付けろと言われそう。そのうち、おなら臭の拡散を防止するパッド(小型おむつのようなもの?)も発売されるのでは?(2016/09/28 12:42)

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自分が吸い込む悪臭を防ぐなら、自分が吐き出す悪臭も防いでくれそうですね。奥さんや子供から家庭内で付けろと言われそう。そのうち、おなら臭の拡散を防止するパッド(小型おむつのようなもの?)も発売されるのでは?(2016/09/28 12:42)

汗や加齢臭といった自然な匂いならなんとかがまんできますが、タバコ臭いのは無理です。そのときに吸っていなくても服や髪についたタバコの匂いはなかなか落ちないのですが、本人は気づいていないのでしょうね。隣に座られると拷問状態なのでやっと座れた席でも立って場所を移動します。ですが満員電車ではそうもいきません。高速バスや新幹線など長距離移動時もそうですね。タバコ臭にもこのマスクが効くか試してみたいです。(2016/09/28 11:32)

市場のニーズに合わせて開発された苦労の製品、という観点からは開発の皆さんに賞賛を送りたい。
一方、こうやってやたらと「臭い」、「不潔」などの排除すべき対象を創造することで、マーケットを創り出すこと自体には違和感も覚える。(加齢臭だの抗菌関連商品だの) 無駄にピカピカな無菌・清潔社会を謳うことで、却って寛容性が失われ、息苦しい社会になる気がします。(2016/09/28 10:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授