• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新Apple Watchはどこが面白いか

「Series 2」は「内蔵GPS」「防水」「Suica対応」

  • 日経トレンディ

バックナンバー

[1/3ページ]

2016年9月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[画像のクリックで拡大表示]

 アップルは、iPhone 7とともに、大きく変わったApple Watchの新モデル「Series 1・Series 2」を発表、16日から発売した。最も安いアルミニウムケースの場合、Series 1は2万7800円から、Series 2は3万7800円から。代表的なステンレススチールケースの場合、Series 2は5万5800円(38mmケース)、6万800円(42mmケース)からとなる(バンドの種類によって価格は変わる。Series 1は取り扱いなし)。

 新しいApple Watchはどう変わったのか、詳しくチェックしてみた。

ついにGPSを内蔵、水泳でも使える

 今回発表された2モデルのなかで、上位モデルとなるのが「Apple Watch Series 2」だ。「内蔵GPS」「耐水性能」「新しいデュアルコアプロセッサ」「明るいディスプレー」「Suica対応」など、多くの要素が追加されている。

 まず注目すべきはワークアウト機能の向上だ。従来のモデルでは、GPS機能を本体に搭載していなかったため、ランニングなどのデータを正確に計測しようとするにはiPhoneを携帯する必要があった。しかし、Series 2では、新たにGPSが内蔵されており、iPhoneを持たずとも屋外での運動の正確な測定が行えるようになる。走ったルートなどの情報も、あとからiPhoneで確認できるという。

 ディスプレーには、第2世代の感圧タッチ対応ディスプレーが搭載された。輝度は1000nitと、従来の2倍の明るさとなっている。従来モデルでは、強い太陽光の下では文字盤が見にくくなることもあった。画面が明るくなったことで、屋外で利用しやすくなるだろう。

 海や水中で使用できるようになった点も大きい。Series 2では、水深50mでの防水に対応し、水泳やサーフィン中の運動を記録できる。スピーカーにも工夫が施されており、内部に入った水は音の振動を利用して排出されるようになっている。

上位モデルとなる「Apple Watch Series 2」
[画像のクリックで拡大表示]
Series 2は水深50mまでの防水にも対応。プールや海水の中でも使えるのは驚きだ
[画像のクリックで拡大表示]

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント