• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日常でも重宝、アウトドア用品の優れものを紹介

災害時にも威力を発揮する、パンツ、布団、シューズ…

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年10月1日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月の「防災の日」を機に、防災アイテムを新しく買いそろえたり、見直したりした人は少なくないのでは。そのとき、「使わなかった(期限の切れた)このアイテムは捨てるしかないのか」と残念に思った人もいるのではないだろうか。

 防災アイテムは消費期限や使用期限が切れてしまうと、使っていないのに処分するしかないものもある。それではやはり、もったいない。できれば、災害時用の“特別なモノ”として防災アイテムを眠らせておくのではなく、日々の生活でも役立てたいものだ。

 2016年9月掲載の記事「元アウトドア用品販売員厳選! 高機能防災グッズ10選」(日経トレンディネット)に続き、災害時にも威力をいかんなく発揮するアウトドアアイテムの中から、「日常でも重宝するアウトドアアイテム」をテーマに、優れた製品を厳選して紹介していく。

【1.生活用品として日々取り入れる
タオル・下着・UVカット傘】

 まずは生活用品として日々使うものだからこそ取り入れやすいアイテムを紹介しよう。

メークも落とせてひんやり効果もある!
ファイントラック「ナノタオル」

ファイントラック「ナノタオル」(3000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 素材開発から製品化まで一貫して手がけ、製品のほぼすべてを国内で生産するアウトドアメーカー、ファイントラック。5枚重ねることでぬれに強く、温度調節もしやすく、軽くてコンパクトな装備にできる独自の「5レイヤリング」システムのウエアなど、秀逸なアイデアを製品に落とし込み、高い評価を得ている。そんな同社から、実に目からウロコな“ハイテクタオル”がリリースされている。それがこの「ナノタオル」。

 最大の特徴は水さえあれば、石けんがなくても皮脂汚れやファンデーションをカンタンに落としてしまうという除去力だ。災害時でお風呂に入れないときでも肌を清潔に保てるし、クーリング効果もあるので炎天下のときに水で濡らして首に巻けば、ひんやり感をキープすることもできる。日常ではハンカチ代わりに使っても、自宅では浴用タオルとして使うのもいい。

油性マジックで書いた部分も、水さえあればひと拭きできれいに。世界最先端の超ファインポリエステルファイバー素材を採用
[画像のクリックで拡大表示]

コメント0

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官