• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

拡大高速化の新幹線網が、中国人の旅行を変える

山谷剛史の中国トレンド通信

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年10月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 拡大を続ける中国の高速鉄道。現在、総距離(営業キロ)は2万kmを超え、さらなる高速化も進んでいる。また、駅のターミナル化も進んでおり、利便性が向上すれば、中国人の国内旅行のスタイルが変わるかもしれない。

新幹線利用者は億単位で増加中

 大型連休を利用して海外旅行に行く中国人が増えているが、メジャーなのは、中国版新幹線こと中国高速鉄道などを利用する国内の中・遠距離旅行だ。今年の10月1日からの国慶節に向けて増便されたにもかかわらず、多くの高速鉄道の便が満席となった。

 9月15日から17日にかけて中秋節の3連休では、3720万人(1日平均930万人)が高速鉄道を利用した。連休最終日の9月17日の乗客は1040万人。これは昨年の中秋節よりも109万人多いということで、まだまだ増えていることが分かる。厳密な比較はできないが、自由席のある日本の新幹線と比べても、指定席のみの中国高速鉄道の利用客のほうが数倍多いように思える。

 年間で見ても、中国の高速鉄道利用者数は2012年から伸びており、同年には4億8600万人だったものが、2013年には6億7200万人、2014年には8億9300万人、2015年には11億6100万人と億単位で増えている。2011年の衝突脱線事故時やそれ以前を思い出すに、当時は比較的裕福な若者が利用していたが、現在は裾野が広がり、老若男女が利用するようになったように見える。

高速鉄道がずらりと並んだ上海虹橋駅
[画像のクリックで拡大表示]
高速鉄道CRH(和諧号)の車内は日本と変わらない
[画像のクリックで拡大表示]

コメント3

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者