• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

激安Kindleは用途を絞っても元が取れる

戸田覚のPC進化論

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年10月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 Android端末のようでちょっと違う「Fireタブレット」シリーズをご存じだろうか? アマゾンが提供するタブレットで、価格の安さが魅力の製品だ。

 9月21日に発売されたばかりの新モデル「Fire HD8」は、16GBモデルがなんと1万2980円。プライム会員限定のクーポンを使えばさらに4000円引きになる(9月30日時点)。つまり、8980円というウルトラ激安プライスである。従来モデルの「Fire」なら、8980円の8GBモデルが4000円引きで4980円という信じられない価格になる計算だ。

 あくまで僕の推測だが、こんなに安いのは、「本体は安く提供するからコンテンツを買ってね」ということなのだろう。アマゾンが出しているタブレットだけあって、主な用途は映画や音楽の試聴、電子書籍の閲覧などを想定している。

fire HD8(16GBモデル)は、プライム会員なら8000円台で手に入る
[画像のクリックで拡大表示]
fire HD8は、普通のAndroidタブレットとは操作性が全く異なる
[画像のクリックで拡大表示]
ボディーの背面はシンプルなつや消し仕上げになっている
[画像のクリックで拡大表示]

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長