• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

フランス「斜陽の町」が映す大統領選の行方

爆発する既存政党への不満、「ルペン大統領」の可能性はある

2017年4月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月23日のフランス大統領選第1回投票が、あと3日に迫った。国民戦線のマリーヌ・ルペン候補と、無所属のエマニュエル・マクロン候補が有力候補となっているが、両氏の支持は伸び悩んでいる。一方、極左政党・左翼党のジャンリュック・メランション候補の支持が急拡大。共和党のフランソワ・フィヨン候補を含めた4人の混戦状態に陥っている。

 社会党と共和党という2大政党に基盤を持つ候補者が大統領の座を争ってきたフランスにとって、今回の大統領選は異例の事態。その背景にあるのは、長らく停滞する経済に、有効な施策を打てなかった既存の2大政党に対する国民の不満だ。候補4人のうち、3人は既存の2大政党以外の人間。国民が既存の政党以外から新たなリーダーを求める機運がかつてないほど高まっている。

 その中でもやはり、注目せざるを得ないのが、国民戦線のルペン候補だろう。「反EU」を掲げる同候補の公約は過激だ。EU離脱を問う国民投票の実施、シェンゲン協定や北大西洋条約機構(NATO)からの脱退、通貨ユーロを離脱し、旧フランを再導入するなど、欧州統合を後退させる政策を声高に主張する。いずれも、すぐに実現する可能性は低いが、仮に「ルペン大統領」が誕生すれば、欧州が大混乱に陥るのは間違いない(詳細は2017年4月17日号のスペシャルリポート)。

 伸び悩んではいるものの、ルペン候補の支持率は依然として24%前後でトップを走る。第1回の投票を勝ち残る可能性は高い。世論調査では、決選投票では過半数を獲得できず、対立候補に敗れると見られているが、大学教授など専門家の多くは今もルペン候補が勝利するとの見通しを捨てていない。昨年、英国で実施された国民投票の前例もある。

 都市部よりも郊外で分厚く広がるルペン支持層。その現場を取材すると、変化に対する国民の渇望が想像以上に強いことが分かった。

かつて鉄鋼の町と呼ばれたフロランジュ。欧州アルセロール・ミタル傘下の製鉄所内には操業を停止した無数の生産設備が点在していた。

 製鉄所の敷地を高台から見下ろすと、不気味な静寂、あたり一帯を覆っていた。

 仏北東部、ルクセンブルクとドイツの国境近くにある小さな町、フロランジュ。一帯はロレーヌ地域と呼ばれ、欧州を代表する鉄鋼生産地域として1950年代から知られてきた。フロランジュ周辺の町に広がる150ヘクタールの広大な産業区域にはかつて、無数の鉄鋼生産設備や関連工場が集積していた。

 しかし、3月下旬に訪れたフロランジュに、鉄鋼の町の面影はほとんどなかった。中心部に位置する製鉄所には、稼働を停止した無数の鉄鋼生産設備が点在するのみだった。

稼働を停止した製鉄所の生産設備

 製鉄所周辺で目に入るのは、廃墟となった町工場やホテル、朽ち果てた住居など。町にも人の気配はほとんどない。フランスの2017年1月の失業率は約10%だが、フロランジュ一帯の失業率は20%近くに達すると言われる。

製鉄所の近くには、廃墟となったホテルがそのまま残っていた

コメント3件コメント/レビュー

新しい情報は全くなかった。(2017/04/20 13:44)

「かすむEUの未来」のバックナンバー

一覧

「フランス「斜陽の町」が映す大統領選の行方」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

新しい情報は全くなかった。(2017/04/20 13:44)

産業の衰退と共に街が衰退することは、世界中で、歴史的にも、数限りなく起きています。新しい産業を打ち立てることが出来る場合もありましょうが、大抵の場合、衰退を止める方法は多分存在しないので、そういうものだと諦めて「きれいに撤退」するべきなのではないでしょうか。政治が介入して、無理に衰退を止めようと画策するが、結局うまくいかず、撤退に時間が掛かり人々の苦しみが長引き無駄な税金が投入される。(2017/04/20 12:05)

建前でない現状レポートはいつも大変参考にさせていただいています。

一般大衆だけでなく、学者や評論家からも何年も前から多くの問題点を指摘されているEUとユーロからの離脱を唱える中道の政党がどうして出てこないのかについても、報告・説明をお聞きしたいです。

また、「隣町のアヤンジュでは2014年、国民戦線に所属する町長が誕生した」ということですが、現実にどのような行政が行われているのか、目に見える変化はあったのかの報告もお願いします。(2017/04/20 09:49)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長