• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

深圳の1週間はシリコンバレーの1カ月

3年で発明家が「業界」を生む

2018年3月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 Makeblockのオフィスにはそのあと何度もさまざまなメイカーを連れて訪問し、そのたびに製品を買って帰っていたのだが、3年も経っていない今、彼らは従業員数が500人を越える大企業になった。今、ビックカメラやツクモの知育玩具コーナーに行けば、日本でも彼らの製品を見ることができる。

 世界的な理系教育重視の流れに乗り、日本のプログラミング教育必修の流れにも乗ってソフトバンクと協力することになり、東京にもオフィスができた。2014年に仲良くなった第1号社員のアリスは今年からMakeblock東京オフィスでマーケティングをすることになり、東京でアパートを探していると聞いた。

僕とアリス。2017年末、できたばかりのMakeblock東京オフィスで

ほかではなくMakeblockだった理由。深圳のパワー

 Makeblockは創業当時から、アルミ押し出し成形でブロックを作っていた。このブロックをスタートアップ企業でも作れたのは深圳だからこそだ。深圳には初見で小ロットの製造でも引き受けてくれる金属加工工場がいっぱいある。

 また、彼らはHAXというシリコンバレー発の投資会社の出資を受けている。HAXの投資はアクセラレーターという形で、「伸びそうなアイデアを持った若手起業家に起業資金を出資し、起業の仕方や社会での生き残り方を伝え、会社を成長させることで投資資金を回収する」という投資ビジネスだ。世界中の若者がアイデアを持ってゴールドラッシュのように集まるシリコンバレーにはそういうアクセラレーターがいっぱいある。HAXはそのなかでもハードウェアに特化したアクセラレーターで、シリコンバレーでの選考後、15組(設立当初は10組)の参加チームは中国・深圳のラボにて111日間の開発合宿を行う。Makeblockはその一期生だ。

 Makeblockのジェイソン・ワンは中国人で、アメリカ留学組でもない西北工業大学の出身だが、HAXのWebサイトを見つけて応募し、彼らからの出資と支援を得てプロダクトを育てた。今は中国国内でも販売しているMakeblockだが、起業してからの大半は欧米向けに製品を出荷していた。中国国内はコピーリスクが大きいし、きちんとした販売網を作ってからでないとスタートアップが打って出るのは難しい(それでも挑戦する会社はいっぱいある)。

 そうした小規模製造業の集積や、シリコンバレーの投資家から指導されながら成長できるエコシステムが深圳にはある。

 今ではHAXは、1000通をこえる応募から半年ごとに15組を選ぶ。つまり年に30組、世界最高クラスのハードウェアの起業家達が深圳で合宿を行い、その後も製造やプロトタイプのたびに深圳に戻ってくる。それも深圳のパワーだ。

 もちろんHAXの選考を通過したジェイソンの力も、たった3年でここまで大きくしてきたMakeblock全員の力もある。プロダクトとしてのMakeblockは優れたものだ。

コメント2件コメント/レビュー

不完全なプロダクトでも、とりあえず販売してみる、販売出来るという点が大きいと思います。
失敗を恐れて、無難なプロダクトばかり作ってると、やがて性能や価格競争になってしまうのに、日本の大企業はリスクを取りません。昔は結構、未完成な商品が出てたと記憶してます。
もうちょっと自社の若者を信じても良いのではないか。(2018/03/13 12:29)

オススメ情報

「「マスイノベーション」の時代」のバックナンバー

一覧

「深圳の1週間はシリコンバレーの1カ月」の著者

高須 正和

高須 正和(たかす・まさかず)

メイカーフェア深圳など運営

1974年生まれ。アジアで行われるメイカーフェアに世界一多く参加し、深圳・シンガポールでは運営に携わる。スイッチサイエンス(株)の社員として、現在、中国深圳在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

不完全なプロダクトでも、とりあえず販売してみる、販売出来るという点が大きいと思います。
失敗を恐れて、無難なプロダクトばかり作ってると、やがて性能や価格競争になってしまうのに、日本の大企業はリスクを取りません。昔は結構、未完成な商品が出てたと記憶してます。
もうちょっと自社の若者を信じても良いのではないか。(2018/03/13 12:29)

所詮日本はいまだに村社会。異質なものは排除され、上の者には逆らわない。お上の言うことに従う習性。上は上で、自己保身、体制維持のためには下の事を考えることができない。こうした構造を変革しない限り新しい産業は起こりえない。それを打ち破った革新的方々もいましたが、後を継ぐ者達が時代とともに守りの体制になっていくことによって衰退していく。こうした保身思考を排除しない限り発展は難しいと感じます。この記事を拝読してますます習性の変革が必要ではないかとの思いを強くしました。(2018/03/13 10:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

5年前は(日本製を好む中国人の消費は)一過性のものだと考えていた。

高原 豪久 ユニ・チャーム社長