• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

同族だから強い 不透明な時代を乗り切る変革力

このコラムについて

ファミリー企業(同族企業)。日本でそのイメージは必ずしも良くはない。同族支配は古き統治形態と見なされ、「お家騒動」など、負の側面で語られることも多い。だが、欧米ではむしろ評価の対象であり、学術的な研究も盛んに行われてきた。実際、ファミリー企業の業績や経営指標は非ファミリー企業に勝るとも劣らない。跡目を継いだ歴代は、リスクを取って果敢に変革へと挑みながら、家業を守り抜いてきた。後任指名され、前社長の機嫌をうかがい、変革できずに潰れていく“サラリーマン社長”とは対照的だ。東芝、シャープ…。世界的なメガブランドですら、消滅の危機に立たされている。企業の「永続性」が問われる今こそ、ファミリー企業から学べることは多い。

記事一覧

著者プロフィール

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ


池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧