• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

息子の志望校合格が、躓きのきっかけだった

2017年3月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント10件コメント/レビュー

コラムもコメント欄も「いい話」的流れになっていますが、敢えて厳しい意見を。Hさんはパワハラ(人格攻撃)で今時の会社ならコンプライアンス案件で処罰対象。
自分の経験談を上げると、Hさんに輪をかけたようなAという上司が会社にいました。ある日「Aさんの息子さんって引き籠りになってるんですって」という話が伝わり、Aさんを知る人達は皆快哉を叫んだものです。曰く「あの父親じゃあそうなるよね」「自業自得」「息子さんが自殺しないだけでも良かったと思わなくちゃ」。Hさんタイプの人間がどれほど会社の生産性を押し下げていることか。出来れば会社生活で関りたくない人間です。
「『理由については、今でもはっきりしないんだよな。"青春の病"みたいなものなのかな』とHさんはこぼした」とありますが、自分自身が原因であることを理解していないのですからこの方は一生このままなんでしょうね。(2017/03/22 10:17)

「ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」」のバックナンバー

一覧

「息子の志望校合格が、躓きのきっかけだった」の著者

山本 直人

山本 直人(やまもと・なおと)

コンサルタント・青山学院大学講師

博報堂でクリエイティブ、研究開発、人事などを経て2004年に独立。キャリア開発とマーケティングの両面から企業を対象にした活動をおこなう。著作に「グッドキャリア」など多数。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コラムもコメント欄も「いい話」的流れになっていますが、敢えて厳しい意見を。Hさんはパワハラ(人格攻撃)で今時の会社ならコンプライアンス案件で処罰対象。
自分の経験談を上げると、Hさんに輪をかけたようなAという上司が会社にいました。ある日「Aさんの息子さんって引き籠りになってるんですって」という話が伝わり、Aさんを知る人達は皆快哉を叫んだものです。曰く「あの父親じゃあそうなるよね」「自業自得」「息子さんが自殺しないだけでも良かったと思わなくちゃ」。Hさんタイプの人間がどれほど会社の生産性を押し下げていることか。出来れば会社生活で関りたくない人間です。
「『理由については、今でもはっきりしないんだよな。"青春の病"みたいなものなのかな』とHさんはこぼした」とありますが、自分自身が原因であることを理解していないのですからこの方は一生このままなんでしょうね。(2017/03/22 10:17)

少しずれるかも知れませんが経験談を。
20代前半で転職した先の中間管理職が非常に面倒見の良い人でした。
「同じ年ごろの娘がいてね」と、娘さんに貰ったマグでコーヒーを飲みつつ笑っていた。
ある日、その娘さんが亡くなった。自殺でした。理由は今もって不明。
その日から私への当たりは急変し、上司は人が変わったようになった。
有休を取るにも「なぜ休む必要があるのか」「するべき仕事はしたのか」。
評価も極めて辛口。
「僕の娘は死んでしまったのに、どうしてお前はそんな程度で平気で生きてるんだ!?」
そんな心の悲鳴が聞こえるような振る舞いでした。
単身赴任だったその上司は異例の降格人事を自ら申し出て家族の元へ帰った。
きっと本人も奥様も他のお子様がたも限界だったのだろう。
「僕にはね、管理職は向いてないんだよ……」去り際に俯いた表情が忘れられない。

私の場合は上司の苦しみを聞かされていたから、どれほど厳しくされても、
「ああ、つらいんだな、私を見て、娘を思い出してしまうんだな」と受け止められた。
私もつらかったけれど、なんとか耐えられた。
Hさんも、すこしずつでも職場の部下に思いを吐露できたら良かったのに。
元がプライドに関わる案件だけに難しかったのでしょうか。
部下を認められないように、きっと息子をも認められない人だったのでは?
「お前が生きているだけで素晴らしい、なんだってできる、俺はお前を応援する」
そんな言葉も永遠に子どもに届かない人もいるんですから、言ってあげられたらいいですね。
十年後の今も独身の私が言う筋合いじゃないでしょうが……
後輩を育てるくらいの立場にはいるので、毅然とした態度を心がけつつも、
ときに「弱さ」をちょい出しするようには気をつけてます。(2017/03/19 17:50)

コメントにまさしく私も同感。60を迎え、わが子のいく末を案じてしまうのは仕方の無いことと自分で言い聞かせ、周りの若い社員を見ると、この会社に入ってなんとかかんとか仕事して、給料貰っているのが、当たり前の世界なのに、わが子は何をしたいのかもわからないと言うし、何とかかんとか遅れた学生生活。面白いの面白くないのも解らないわが子に、不安な日々が続く。自分が餓鬼の頃なんて、何をしたいとか何になりたいとかそんな夢見たいなことは、夢としてとにかく社会に早く出て、自分の身を立てることしかなかった。自分探しなんて考えたことも無く、ただただ仕事して稼いで、遊んで飲んで、仕事して、結婚して・・・なんか悪いことしたかな?最近、世の中が面倒くさいのは私だけでしょうか?(2017/03/19 12:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長