• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

角を曲がり切れなかった猪は再起できるか

人は年を重ねても変わるべきか、無理は避けるべきか。

2017年4月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

対照的な同期コンビ

 その2人は同期入社だったが、見た目も性格も対照的だった。ところが、なぜか馬があう。入社して20年が経ち、部署も違うけれど何となくお互いの動静は知っていたし、たまには食事にも行っていた。

 Bさんは、大柄で学生時代からスポーツをやっていた。体育会ではないけれど、伝統あるサークルにいて見た目もいかつい。30代になる頃からかつての筋肉が脂肪になって、さすがに体重が気になるようだが今でも早飯の大食いだ。

 Mさんは、小柄で見るからにおとなしそうだ。大学時代は「鉄道研究会」にいた。まだインターネットもない時代に、時刻表と首っ引きであちらこちらを旅していた。入社したころから老成した面持ちだったが、その雰囲気は40歳になってもあまり変わらず、むしろ若く見られてしまうほどだ。

 この2人は、性格も対照的だった。

 一見して豪放磊落なBさんだが、結構気が弱い。大事な商談や会議の前だと、前の晩から眠れなくなる。そして、何を話そうかと入念に準備する、もっとも一度相手と打ち解ければ懐に飛び込んでいくが、それでも宴席があれば早めに店に行き抜かりがないように準備する。見た目とは異なり、「ノミの心臓」なのだ。

 一方でMさんは、図太い。いい意味で「鈍い」とも言えるだろう。遠方の得意先に行くのに、1時間も勘違いして遅れたことがあった。実際は、得意の鉄道の知識を活かして30分遅れになったことを得意げに説明したら、かえって先方に気に入られたこともあるくらいだ。

 亥年生まれのBさんは、年男を迎えた年賀状には「猪突猛進」と書いてきたが、それを見るMさんは子年生まれだ。干支までも、どこか対照的な2人だった。

コメント3件コメント/レビュー

そもそも「変わるべき」か「無理は避ける」は、二者択一の問題なのでしょうか。成功体験のある人ほど変われないのは、良くある話です。無理は避けるのは当然だと思います。ただし、「変わること」は、生命の維持に必須な条件ですが、決して強迫観念ではないと思います。今回の話題は、サラリーマン時代のこととして描かれていますが、問題は、退職後もこの二人には膨大な時間が残されている。むしろ、それに如何に対処するかがよほど重要と考えます。(2017/04/22 14:30)

「ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」」のバックナンバー

一覧

「角を曲がり切れなかった猪は再起できるか」の著者

山本 直人

山本 直人(やまもと・なおと)

コンサルタント・青山学院大学講師

博報堂でクリエイティブ、研究開発、人事などを経て2004年に独立。キャリア開発とマーケティングの両面から企業を対象にした活動をおこなう。著作に「グッドキャリア」など多数。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そもそも「変わるべき」か「無理は避ける」は、二者択一の問題なのでしょうか。成功体験のある人ほど変われないのは、良くある話です。無理は避けるのは当然だと思います。ただし、「変わること」は、生命の維持に必須な条件ですが、決して強迫観念ではないと思います。今回の話題は、サラリーマン時代のこととして描かれていますが、問題は、退職後もこの二人には膨大な時間が残されている。むしろ、それに如何に対処するかがよほど重要と考えます。(2017/04/22 14:30)

私は今年55歳になります。自分の人生と重ね合わさります。
人生は紆余曲折、浮き沈みがあるものです。挫折した時に(挫折したとの自覚が無いのが一番良いですが)前向きに立ち上がれるか否かで人生の充実度が変わって来ると思います。
私は『出世が全てではなく、人生を楽しむ何かが有る事が重要である。』と思います。
今回の内容も長い人生の極一部の出来事ではないでしょうか。(2017/04/21 12:18)

この連載や働き方の議論を読んで感じるのは、どうしてサラリーマンは己の人生を会社に預けてしまうのか、会社のフィールドでしか生きがいや楽しみを見い出せないのかとつくづく思います。
かく言う私も還暦となり、会社のラインの責任や報酬が変わる節目を迎えましたが、過去を振り返ってみて不満がなかったわけではありません。しかし、所詮は会社のポストは先細り、評価は実績だけでなく運や人間関係に左右されるのが世の定め。我が身の不遇を嘆いてもどうしようもありません。ミドル時代の人事異動を契機にそのことに気づき、それ以来プライベートの世界の充実を目指してきました。何せ現役時代でも1日の2/3は会社にいないのですから、昼間のイノシシでなく、夜行性のフクロウになりたいと思いました。
一つ思うのは、会社もプライベートな時間を尊重する時代ですから、是非とも副業を認めて欲しい。そうすれば精神的、経済的にも自立したサラリーマンが増えることでしょう。私は副業とまでいきませんが、退職しても年金を上回る副収入があります。(2017/04/21 10:28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授