• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最後に「すごい」って言われたのはいつですか?

ミドルが職場で孤独になっていく理由

2016年5月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「予定通り」の脇道コースに入って

 Wさんが勤めていた大手の流通企業は、全国の四方八方にネットワークを張り巡らせている。関連企業も多いので、ずっと本社に残る人は少ない。むしろ、多くの企業からなる複合体のような会社だ。

 だから40代半ばを過ぎた頃に、子会社出向への内示をもらっても驚くことはなかった。物流会社の支社長というのは、ある意味「予定通り」のコースだったからである。

 Wさんにとっての“全盛”時代は、30代半ばに購買を担当していた頃だった、と自分でも思っている。当時は衣料分野でも結構な売り上げがあって、Wさんも新分野に切り込んでいった。自分なりに本を読んだり勉強もしていたと思うし、仲間内から羨ましがられたこともあった。

 しかし、衣料分野は専門店の攻勢で段々と劣勢になる。気が付くと、同僚も徐々に減っていく中、今回の出向辞令を受けた。

 出向する人には、 “改革”に燃えて乗り込んでいく人たちもいる。ただし往々にして、不完全燃焼に終わることも多い。Wさんも、最初は様子見をしながら段々と手を打てばいいだろうと思っていた。

 出向先の支社は、それなりに機能していた。巨大グループを支えているのだから、それは当然のことでもある。ただし、もっとできることはあるはずなのに、メンバーは毎日決まったことをこなすだけだった。

 「たまには、読書会とかしてみたらどうだろう」

 そんな思い付きを古参の課長に話してみたこともあったが、「なるほど、そういうのいいですねえ」と、軽くいなされてしまった。

 どこか歯がゆさを感じつつ、Wさんもまた日常業務を淡々とこなすようになっていった。物流の仕事なので天候異変や事故などのトラブルには気を遣うし、本社からのコストダウンの指示には頭を悩ます。

 それでも全体的には平穏で、だからこそ、物足りなさもあり、エネルギーを持てあますこともあった。

コメント4

「ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」」のバックナンバー

一覧

「最後に「すごい」って言われたのはいつですか?」の著者

山本 直人

山本 直人(やまもと・なおと)

コンサルタント・青山学院大学講師

博報堂でクリエイティブ、研究開発、人事などを経て2004年に独立。キャリア開発とマーケティングの両面から企業を対象にした活動をおこなう。著作に「グッドキャリア」など多数。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長