• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ミドルに広がる「タモリになりたい症候群」の罠

2016年6月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

なぜか早々と「枯れてしまった」先輩

 Lさんは、事務機器メーカーに勤める30代後半の女性社員だ。企業相手から消費者向けの製品まで広く扱う老舗だが、社内の風通しはいい方だと思っている。女性にとっても働きやすく、Lさんも近頃チームリーダーになった。

 そんな彼女にとって、Gさんとの出会いは大きかった。彼は10年ほど歳上で、仕事のことを丁寧に教えてくれた先輩だ。営業部門の所属で、合理的に考えるタイプで、押しつけがない。

 そのGさんは、最近次長になった。この会社で、このポストを「どう見るか」は、なんとも悩ましい。次長経由で部長になる人もいれば、ここが「あがり」という人もいる。次長を飛ばしていきなり部長になる人もいるので、何とも「微妙」なところなのだ。

 Gさんは、どうやら早々に割り切ったらしい。担当得意先があるわけでもなく、仕事内容は、大きいプロジェクトや部門横断案件の調整役などが多い。時間的にもラクになったようで、気がつくと帰宅していることも増えた。

 「まあ、そんなものかな」とLさんは思う。もともとGさんは、出世に執着したり、競争に燃えるタイプではなかった。そういう人なんだな、とわかっているが、彼女にとってはどこかスッキリしない。

 最近聞くところによると、Gさんは結構いろいろな趣味をもっているようだ。アナログレコードを集めているとか、折り畳み自転車であちらこちらに行ってるとか、いろんな話が聞こえてくる。料理も達者なようで、話を聞いた女性は「本当に奥さんが羨ましい」などと言う。

 でも、Lさんは、「なんか違うんだよなぁ」と思う。

 Gさんは、たしかにガツガツした人ではない。しかし、確実に仕事はできる人だ。「地頭がいい」というのだろうか、皆が悩んでいるような時でもスッと答えを出してくれる。

 何と言っても、彼女にとっては仕事の手ほどきをしてくれた、大恩人なのだ。だからこそ、歯がゆい思いもあったのだろう。

コメント31件コメント/レビュー

本文よりもコメント欄の方々の意見の方が、50代の次長Gさんの気持ちを書き表していて面白いです。
この役員に対しての問題点の所在もそうですし、タモリになりたいとおもわれる後期高齢サラリーマンが望むライフスタイルなども、みなさんよく表現できてます。
かくいう私も52才で平社員降格。部下なし、責任なし、自由時間ありの身分になり果てました。
でも、給料も200万以上減ったとはいえ500万以上はあるので好きな時間で趣味のクルマにスキーと楽しんで、年に6回くらいは泊り旅行して過ごしてます。
そんな自分のライフスタイルもタモリ生活だとおもってます。
誰だって50過ぎたら肩の荷を減らしたいじゃないですか。(2016/07/04 20:03)

「ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」」のバックナンバー

一覧

「ミドルに広がる「タモリになりたい症候群」の罠」の著者

山本 直人

山本 直人(やまもと・なおと)

コンサルタント・青山学院大学講師

博報堂でクリエイティブ、研究開発、人事などを経て2004年に独立。キャリア開発とマーケティングの両面から企業を対象にした活動をおこなう。著作に「グッドキャリア」など多数。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本文よりもコメント欄の方々の意見の方が、50代の次長Gさんの気持ちを書き表していて面白いです。
この役員に対しての問題点の所在もそうですし、タモリになりたいとおもわれる後期高齢サラリーマンが望むライフスタイルなども、みなさんよく表現できてます。
かくいう私も52才で平社員降格。部下なし、責任なし、自由時間ありの身分になり果てました。
でも、給料も200万以上減ったとはいえ500万以上はあるので好きな時間で趣味のクルマにスキーと楽しんで、年に6回くらいは泊り旅行して過ごしてます。
そんな自分のライフスタイルもタモリ生活だとおもってます。
誰だって50過ぎたら肩の荷を減らしたいじゃないですか。(2016/07/04 20:03)

タモリになりたい と たもりになる とは大違い。「なりたい」はなりたくない人。 
そこを書かずに議論は始まらない。「たもりなりたい」と切に願い、たもりになること
を実行中の人が増えているのだと思ったら大違いでした。
早大哲学科の先輩で、唯一尊敬できるひとになろうと努めている人が増えているとは、
よい知らせと思ったら、誠に残念。
狂言孤児(2016/07/04 18:49)

他のコメントにもあるとおり、あまり共感できない記事だ。私自身も、仕事以外のことに興味を持ち、人生を豊かにするように努めてきたが、だからといって仕事をいい加減にすることははないし、結果は出してきたつもりだ。まるで仕事に以外に精力を使わずに会社に滅私奉公する生き方だけが正解であるかのような書き方。仮に日本の多くのカイシャの現実がこれに近いものであったとしても、むしろこのままでいいのか、という問題意識の方が重要だと思う。(2016/07/04 15:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授