• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「子供扱いしてほしい」39歳管理職、心の叫び

2016年7月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「40代のその先が見えない…」

 就活シーズンも一段落したけれど、この頃になるとPさんは不思議な気分になるという。自分の勤めている会社に、多くの学生がやって来ることがどこかピンと来ない。

 Pさんの勤めている会社は、いわゆる「ベンチャー」だ。いや、「ベンチャーだった」と言った方がいいかもしれない。社員数は既に1000人を遥かに超えている。

 メディアでも話題になることも多く、学生からの人気も高い。でも普通の会社になってきたなぁ、と思う。

 Pさんが新卒で入った頃は、まさに急成長の真っただ中だった。ただし、知名度はまだまだ低かった。老舗の大手からも内定をもらったけれど、思い切って今の会社に入った。

 ただし、親を説得するのが一苦労だった。幸い父親の親友がこの分野に詳しかったこともあって、最後は納得してくれたし、今でも「いい選択したな」と言ってもらえるのは嬉しく感じる。

 しかし、Pさんは最近どこかモヤモヤしている。

 Pさんは現在39歳の管理職。仕事は安定してきたし、子供も生まれて、傍から見れば順調そのもの。ただし、30代後半にもなると否応なく「40代」の自分が見えてくるわけだが、どうも、「その先の自分」が見えて来ないのだ。

「この歳になれば、みんなそんなものなのかな?」

 どうやら、会社の同期と話しても似たような感覚を持っているようだ。そもそも、Pさんの会社では40代以上の社員が少ない。人材の流動も激しいため、新卒組が40代を迎えるのは、会社にとっても未知の領域なのだ。

 そんな中、Pさんには大学時代から仲のいい、Qさんと久しぶりに会うことになった。

 学生時代の就活から苦楽を共にして、卒業後も連絡を絶やさない親友である。それでも、お互いに家庭を持つようになって会う機会も減った。スマホの履歴を遡ったら、会うのは2年ぶりでちょっと驚く。

 それだけに、どうしてるのかな?と楽しみだった

コメント4件コメント/レビュー

インフラ系の大企業に就職して4年目です。
大学の同級生や後輩が華々しく活躍したり、自立して店を出したりしている中で、今の私自身が置かれている環境に漠然とした不安を感じていましたが、記事を読んで改めて「今の時間にじっくり向き合おう。」と、感じました。
腐らず焦らずじっくり働きたいと思います。(2016/07/08 13:33)

「ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」」のバックナンバー

一覧

「「子供扱いしてほしい」39歳管理職、心の叫び」の著者

山本 直人

山本 直人(やまもと・なおと)

コンサルタント・青山学院大学講師

博報堂でクリエイティブ、研究開発、人事などを経て2004年に独立。キャリア開発とマーケティングの両面から企業を対象にした活動をおこなう。著作に「グッドキャリア」など多数。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

インフラ系の大企業に就職して4年目です。
大学の同級生や後輩が華々しく活躍したり、自立して店を出したりしている中で、今の私自身が置かれている環境に漠然とした不安を感じていましたが、記事を読んで改めて「今の時間にじっくり向き合おう。」と、感じました。
腐らず焦らずじっくり働きたいと思います。(2016/07/08 13:33)

これまで自分のキャリアモデルとなる人がいない中でも、先頭に立ってなんとか道を切り開いてきたが、更に上を求められる状況になって、そのモデルになる層がいない事に戸惑って(怖気づいて)いるのだとお見受けしました。ピーターの法則通りのお話ですね。(2016/07/08 10:42)

「子供扱い・鍛えて欲しい」というのは誤った捉え方です。求められるのは、目の前の仕事を卒業して次の目標にチャレンジしたい、すなわち受け身的に仕事を与えられ教えられるのではなく能動的に課題を追い求める成熟した大人の姿です。それは企業の規模や業態で変わるものではありません。
確かに大企業は関連事業も含めれば内部で様々な業務や事業に挑戦することができるのに対し、歴史の浅いベンチャー企業ではそれを外に求めざるを得ない。だからと言ってQさんを子供の成長期と捉えるのは間違い、既に一人前の企業人として自らやりたいことを探求しているのです。
私も今まさに同じ経験をしています。大企業に籍を置き一応の出世もして目の前のレールのゴールが何となく見えてきたとき、あえてその予定調和を崩し別の事業への転属を求めました。問題山積の部門ですが、何かこう心が沸き立つと言うか、シャッフルされるというか、自分でベンチャー企業に転職したような感じです。幸いにも生活の基盤もできて老後の心配もない、ならばもう一勝負!がサラリーマンの最大の贅沢のような気がします。(2016/07/08 09:14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長