• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「私の生き方って魅力ない?」女性管理職の悩み

2016年7月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

順風満帆だけど、心に穴が

 人の悩みには、傍から見てわかりやすいものもあれば、「わかりにくい」ものもある。順調に人生を送っているような人ほど、そうした見えにくい思いを抱えていたりする。

 Vさんはまさに、そんな1人だろう。新卒で入社以来勤めているメーカーでは、数少ない女性管理職だ。順当にいけば、さらに上にいくだろう。それは、本人も自覚している。

 総合職で入社した頃は、まだまだ典型的な男社会だった。消費財のメーカーで、主たるターゲットは女性だったが要職に登用される人は少ない。しかし、30歳を過ぎた頃に転機が訪れた。

 バブル崩壊後の後遺症が抜けず、経営自体が荒波にもまれた。外部から資本を注入し、併せて社長を外から迎え、大規模なリストラも行われた。いろいろと大変だったが、Vさんの世代は結果的には陽の当たる場所に出ることになったのだ。

 彼女は宣伝やマーケティングの仕事を担当していたが、チャンスが来た。会社としては、いわゆる「止血」を終えて攻めに出る頃だったのだ。反攻に向けた戦略商品を担当したが反響も大きく、仕事も評価された。

 その頃は転職してくる者も多く、外資系から来た同年代の女性と競ったこともある。ただ、Vさんは淡々としていた。むしろライバルの方が力み過ぎて、周囲がついて行けなかったりする。

 そんなこともあって、自然に昇格して40歳を過ぎた頃にはマネージャーになった。

 比較的早く結婚して、子どもも生まれた。苦しかった家庭と仕事の両立も、周囲に助けられ、もう一段落した。40代半ばを過ぎてとても順風満帆に見える。

 ところが、彼女には何とも言えない心の空白感があった。それは、自分の将来についてではない。部下の女性たちに対して、物足りなさを感じているのだ。

コメント5

「ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」」のバックナンバー

一覧

「「私の生き方って魅力ない?」女性管理職の悩み」の著者

山本 直人

山本 直人(やまもと・なおと)

コンサルタント・青山学院大学講師

博報堂でクリエイティブ、研究開発、人事などを経て2004年に独立。キャリア開発とマーケティングの両面から企業を対象にした活動をおこなう。著作に「グッドキャリア」など多数。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長