• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「行きつけ」がないあなたに、欠けているもの

2016年9月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「今夜はもう一軒寄ってみようか」

 夏も終わると、街もまた落ち着いていく。飲食店のある界隈も、秋に向けて再起動していくようだ。

 Wさんは、辺りを見回しながらそんなことを考えていた。仕事の会食があり、めいめいが家に帰る。かつてのように二軒目に行くことは殆どなくなった。Wさんと同じ方面に帰る人はいなかったので、1人で地下鉄の駅に向かう。

 会社からほど近いこの界隈には、若い頃からよく飲みに行っていた。どの先輩も、行きつけの店を持っていて、それがまた憧れだった。

 やがて、退職する頃には「おまえ、よろしくな」と言われ、その後、常連として通った店もある。あれは業務以上に大切な「引き継ぎ」だった。

 ところが、もうそういう店は殆どなくなった。一軒だけ古いバーが残っているが、店を閉じるのももう近いだろう。

 どの店も、店主が高齢になった。景気がパッとしない中、いずれも会社員にやさしい値付けの店だった。それでも、齢には勝てない。

 入れ替わりでオープンする店はチェーン系だったり、1人では入りにくい雰囲気だったりする。

 とはいえ、これから新しい店を開拓するというのも、さすがに面倒になってきた。Wさんも50代になって、ついつい先を考える。子育ても落ち着き、生活自体に大きな不安はないけれど、1人で飲むのにあまりカネを使うのも気が引けるのだ。

 そして、自宅近くのコンビニで「家飲み」の地ビールを買って帰路に就くことが多くなっていた。

 でも、今夜はもう一軒寄ってみようかとWさんは思っている。

コメント6件コメント/レビュー

薄っぺらい内容。東京カレンダーかと思いました。

もしこの記事の主人公の設定のように、平日はほとんど家族とコミュニケーションが取れていないとしたら、サードプレイスに寄り道しないでさっさと帰って家族としっかりコミュニケーション取らないと、リタイア後に家での居場所がなくなりますよ。

ただし独身者ならまた別です。(2016/09/28 14:27)

「ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」」のバックナンバー

一覧

「「行きつけ」がないあなたに、欠けているもの」の著者

山本 直人

山本 直人(やまもと・なおと)

コンサルタント・青山学院大学講師

博報堂でクリエイティブ、研究開発、人事などを経て2004年に独立。キャリア開発とマーケティングの両面から企業を対象にした活動をおこなう。著作に「グッドキャリア」など多数。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

薄っぺらい内容。東京カレンダーかと思いました。

もしこの記事の主人公の設定のように、平日はほとんど家族とコミュニケーションが取れていないとしたら、サードプレイスに寄り道しないでさっさと帰って家族としっかりコミュニケーション取らないと、リタイア後に家での居場所がなくなりますよ。

ただし独身者ならまた別です。(2016/09/28 14:27)

いきつけのお店は有るのがいいです 私は64才の男性です
 7年前に仲良しの女房を亡くし、特に日曜日の晩は一人でする食事の味気無いです
行きつけの場所はホテルのラウンジです ここへは一人でも入れます 
早い時間帯が静かに自分の時間を過ごせます
若いバーテンさんとの大人の会話も楽しいです 良く人を見て居ます
 連れが出来れば美味しい料理とお酒を楽しむ場所へ出かけますが 
ここも行きつけが有ります(予約が必要) 人生は楽しむための少し長い時間帯です(2016/09/26 14:22)

行きつけ・・・ないですね。
敢えて言えば某ラーメン屋(有名店ですが)に行けば、味玉をサービスしてもらえるぐらいですかね・・・職場が変わったのでなかなか足を運べませんが。
サードプレイスとしては図書館やカフェを持っていますが、就職氷河期を経験している貧乏性の自分としては、外でお酒を嗜む機会も少ないと感じています。
日常生活の安定のためのストレス・コントロールに対して、投資ができないほど給料が少ないという切実な問題もあります(笑)
月一ではそれなりのお店で飲みたいですし、マッサージなどで体のメンテナンスも必要だとは感じつつ・・・デフレ脳ですね。
いいお店を開拓しても、そのお店がなくなってしまったり雰囲気が一転していたり・・・なんだかそんなことが多くなっている気もします。
社会にも冗長性があればいいのに・・・と切に思います。(2016/09/09 15:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長