• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

50代でつまずく人の「困った癖」とは

2016年10月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

この歳の転勤は「2つに1つ」

 それは、Cさんにとってある意味予想通りの辞令だった。間もなく50代というタイミングでの地方転勤。本社の管理畑と営業スタッフを行き来しながらキャリアを積んできたCさんは、支社長代理として赴任する。

 本社に戻ってきた時には、管理職ポストを外れることになるだろう。自分の会社生活もなんとなくゴールが見えてきたかなと感じた。

 いろいろな人に挨拶に行ったが、もっとも印象的だったのは人事部のJさんの言葉だ。Cさんの10年ほど上で似たようなキャリアを歩んできた。最近まで人事部の次長だったが、そろそろ定年待ちのポジションにいる。

 いろいろと話していると、別れ際にJさんが言った。

「まあ、50歳くらいで転勤したヤツは2つに1つだから」

 何が「2つに1つ」なのか。人事畑の長いJさんは、こういう時にあまりハッキリとは言わない。だが、Cさんは何となくわかった。

「まあ、オマエなら元気にやっていけるはずだけど」

 Jさんは、そう付け加えた。

 Cさんは、それ以上聞かなかった。このくらいの年齢で地方に行った人のその後は両極端だと感じていたのだ。

 仕事はしっかりとこなしながらも、地方の街の良さを満喫してイキイキとしている人の話は結構耳にする。一方で、なんか音沙汰がないなと思っていたら、早々に戻ってきて、本社の片隅でひっそりしている人もいた。Jさんはきっと色々な人を見てきたのだろう。

 しかし、あまり気に病んでも仕方がない。Cさんは、新天地へと向かった。

コメント6件コメント/レビュー

山本さんは、私と同じ学年ということもあり、大きく頷きながら、いつも楽しく読んでいます。私は10.1で、今まで29年勤めた会社を退職して外資に転職しました。割増退職金と外を見てみたいというのが理由です。回りはチャレンジングといいますが、そこまで力が入っていません。(2016/10/16 08:06)

「ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」」のバックナンバー

一覧

「50代でつまずく人の「困った癖」とは」の著者

山本 直人

山本 直人(やまもと・なおと)

コンサルタント・青山学院大学講師

博報堂でクリエイティブ、研究開発、人事などを経て2004年に独立。キャリア開発とマーケティングの両面から企業を対象にした活動をおこなう。著作に「グッドキャリア」など多数。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

山本さんは、私と同じ学年ということもあり、大きく頷きながら、いつも楽しく読んでいます。私は10.1で、今まで29年勤めた会社を退職して外資に転職しました。割増退職金と外を見てみたいというのが理由です。回りはチャレンジングといいますが、そこまで力が入っていません。(2016/10/16 08:06)

地方在住者の視点からお話しします

現在、地方の拠点は特に生保、損保などの合従連衡により支店数が激減しました よって、中央からやってくる「転勤族」の絶対数は減る一方です ただし、地元での「取引」も減ってますから、仕事はある程度以上に楽だとは思います

例に挙げられているのは、比較的やり甲斐のある地方のようですが、そういう「地方」自体が減っているのが現状で、そういうやり甲斐の無い地方に転勤したとなると、将来を諦めるしか選択肢が無いはずです しかし、本社に居た人が、それなりの役職で支店に来ても、そもそも、地元の人との交わりがかなり難しくなってます

例えば、大口の取引先のオーナーと飲みに行くとしても、接待交際費は使えません 逆に、驕って貰わねばお付き合いすら出来ませんから お金の問題だけで無く、地方のオーナーの質的劣化は中央でやっていた人にとっては、会話が成立しないところまで来ています

そんな中で、自分を保ち、最後に本社、または、大規模な拠点で捲土重来をというのは、かなり難しいのに、どうしても、それを諦められないようです 結果として、地方勤務で緩むどころか、自己憐憫に陥り、自分のキャリアは不当だという結果にすら到達してしまうようです 

でも、そういう人は、話をしても、仕事が出来る人では無いことが多いのです 地方だと仕事が楽、というのは、件数が少ないからであって、事案は充分にややこしいのです 癖と指摘されておりますが、50歳代に普遍的に蔓延しているというよりも、40歳代までに50歳以降のことを考えずに仕事をしてきた結果、自分で仕事が出来ない人が地方で仕事が出来ない、と言う方が現実的だと思います(2016/10/15 10:05)

現在49歳女 小さな営業所の管理者をしています 結婚 3回の出産を経て生え抜きとしモーレツに働いて来ました
来るべき50代 上手に自分を緩めながら仕事していきたいと思いました^_^(2016/10/15 05:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授