• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

三菱重工の巨額特損、知られざるもう1つの理由

綻んだ多国籍の現場が示すニッポンの危機

2016年4月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

客船を建造している三菱重工の長崎造船所(写真は3月上旬に撮影した一番船)

 ふかしていたタバコを灰皿に押し付けると、浅黒い顔の中年男性は深いため息をついた。「同じ現場とは思えないよ。心底、がっかりしている」。

 船造りを生業としてきたこの男性は数年前、意気揚々と長崎の土を踏んだ。10年ぶりに三菱重工業の客船建造に携われることを、楽しみにしていたからだ。かつて「ダイヤモンド・プリンセス」を造った時、現場を丹念に回って協力企業を統率する三菱重工の職人たちに魅せられた。「三菱の客船をやった」と言えばどの造船会社も一目置いてくれたし、自分自身、誇らしかった。

 三菱重工が2011年に受注した大型客船「アイーダ・プリマ」の建造現場に、当時の面影はなかった。仕事は工程表どおりに進まず、大量の作業者で現場は混乱、しまいには3度の火災が起きた。3月14日に何とか客先への引渡しを終えたものの、当初の予定からは1年遅れだ。客船事業の特別損失は累計で1800億円を超え、事業を存続すべきか否かの議論が始まっている。

 客船事業がなぜ巨額の損失を出してしまったのか。この問いに対して、三菱重工の主張は一貫している。船内のWi-Fiなど10年前にはなかった要求仕様に手間取った、客室数が多く複雑な構造だった、顧客から設計変更の要望が相次いだ…。「知見不足による設計の遅れが、後々まで響いてしまった」(鯨井洋一交通・輸送ドメイン長)という趣旨の説明が、特損を計上するたびに決算会見で繰り返された。

 ただ、長崎の街を歩くと別の理由も見えてくる。

コメント7件コメント/レビュー

新しいことは、そんなに初めからうまく行くわけが無い。これで懲りてやめてしまったら、また最初からになる。この失敗で得た経験をノウハウとして昇華して行けば良いだけのことだ。失敗で辞めるから失敗なので有り、失敗を次に生かせば、それはノウハウとなる。

せっかく、世界各国から人が集まるグローバルな稀有な体験をしたのに、これでやめたらもったいない。こういう難しい船はどこでも出来るものでは無い。だからこそ、出来るようになれば独占できるのだ。日本人は失敗を恐れすぎる。これで辞めてしまったらもったいない。今回で問題点が浮き彫りになったはずだ。それを改善していつの日かまた挑戦して欲しい。(2016/12/29 09:19)

「移民ノミクス」のバックナンバー

一覧

「三菱重工の巨額特損、知られざるもう1つの理由」の著者

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

新しいことは、そんなに初めからうまく行くわけが無い。これで懲りてやめてしまったら、また最初からになる。この失敗で得た経験をノウハウとして昇華して行けば良いだけのことだ。失敗で辞めるから失敗なので有り、失敗を次に生かせば、それはノウハウとなる。

せっかく、世界各国から人が集まるグローバルな稀有な体験をしたのに、これでやめたらもったいない。こういう難しい船はどこでも出来るものでは無い。だからこそ、出来るようになれば独占できるのだ。日本人は失敗を恐れすぎる。これで辞めてしまったらもったいない。今回で問題点が浮き彫りになったはずだ。それを改善していつの日かまた挑戦して欲しい。(2016/12/29 09:19)

地場産業で日本製を売り物にしている業界でも、末端の作業は外国人研修生だったりする。日本でつくってはいるけれども「日本の職人がつくってます」とは言い切れない所に来ている。OEM仕事では働き手に選択される余地が無い。単なる労働条件だけでなく、やりがいや誇りを持てる仕事に変えていかないとならないし、女性も働ける現場に整備する必要も有ると常々感じています。(2016/04/06 20:22)

土木工事、食品工場など、いわゆる「ものづくり」の現場では外国人が増えている。日本国内の就職率からみると、労働力にはまだ余剰があるようだ。それにもかかわらず「ものづくり」の現場では人手不足が続いている。このような根本的な状況を改善して、日本製品の品質を正常な状態に戻し、さらには品質の向上を目指していかなければならないだろう。日本の製品が優れているというのは昔の幻影なのだ。まずはこのことを認識するべきである。(2016/04/04 15:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長