• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アイドル産業に学ぶ、日本企業再生術

このコラムについて

日経ビジネスの読者から“最も遠い産業”、アイドルビジネス。
そんな分野に、日本企業が抱える様々な課題を解決する多くのヒントが隠されている、などと主張して何人の読者が信じてくれるだろうか。
アイドル産業は不安定な業界であるがゆえに、経営システムを独自に進化させざるを得なかった。
その結果、ずば抜けた「変化対応力」「顧客管理力」「グローバル力」を磨き、今に至っている。
戦後72年間、紆余曲折を経ながらエンターテインメント産業の中核に彼らが居続けるのはその紛れもない証拠だ。
前代未聞の日本企業再生論、まもなく開演。

記事一覧

著者プロフィール

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長