• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

再選目指すプーチン陣営、自らが掘った落とし穴

次期大統領選まであと1年、問われる「正統性」

2017年3月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ロシア大統領選挙まであと1年。早々と出馬の意向を表明する政治家も現れ、選挙モードが徐々に本格化しつつある。選挙戦は本命のプーチン大統領の再選が確実視されるものの、プーチン陣営に思わぬ障害が立ちはだかっている。

2012年3月4日、大統領選に勝利したプーチン氏。ほほを伝う涙を隠さずに、支持者の前での勝利宣言を行った。(写真:AP/アフロ)

 ロシアメディアは大統領府筋の情報として、プーチン大統領の任期満了に伴う次期大統領選が2018年3月11日に実施されると一斉に報じた。投開票日まであと1年となり、政界もにわかに慌ただしさを増しつつある。

 すでに立候補の意思を表明した政治家もいる。改革派政党「ヤブロコ」の共同創設者、グリゴリー・ヤブリンスキー氏だ。反政権派ブロガーとして知られる弁護士のアレクセイ・ナワリヌイ氏も出馬の意向を示している。

 また、大統領選の「常連」ともいえるロシア共産党のゲンナジー・ジュガノフ党首、ロシア自由民主党のウラジミル・ジリノフスキー党首、「公正ロシア」のセルゲイ・ミロノフ代表も、次期大統領選への出馬が見込まれる。

 とはいえ、大本命とされるのはやはりプーチン大統領だ。プーチン氏自身は依然として次期大統領選に参加するかどうかを明言していないが、続投への野心は極めて強いといわれる。健康上あるいは別の突発的な理由がない限り、出馬して再選されるのは確実との見方が国内では支配的だ。

 現に大統領府内では、プーチン再選に向けたあの手この手の戦略を着々と練り始めている。司令塔とされるのは昨年10月、国営原子力会社「ロスアトム」の社長から、大統領府で内政を統括する第1副長官に抜てきされたセルゲイ・キリエンコ氏(元首相)だ。

コメント2件コメント/レビュー

独裁と言われかねない国における、そう言われないための投票率=正統性に拘泥する姿。
はじめから独裁と言われる心配の少ない国における、投票率度外視の正統性主張(国民の信任を得た宣言)。本当の意味で信任を得た為政者、政権というのが選挙というメカニズムの中で実際に可能なのかどうか、為政者や政権が選挙メカニズムを作っているうちは結局自称正統どまりになるのではないか。そういう政権でも無しで済ませるわけにはいかないということなのだとは思うけれども。(2017/03/13 10:08)

「解析ロシア」のバックナンバー

一覧

「再選目指すプーチン陣営、自らが掘った落とし穴」の著者

池田 元博

池田 元博(いけだ・もとひろ)

日本経済新聞社編集委員

1982年、日本経済新聞社に入社。90~93年にモスクワ特派員、97~2002年にモスクワ支局長。その後、ソウル支局長(05~08年)も歴任。08年から論説委員会に在籍。編集委員も兼務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

独裁と言われかねない国における、そう言われないための投票率=正統性に拘泥する姿。
はじめから独裁と言われる心配の少ない国における、投票率度外視の正統性主張(国民の信任を得た宣言)。本当の意味で信任を得た為政者、政権というのが選挙というメカニズムの中で実際に可能なのかどうか、為政者や政権が選挙メカニズムを作っているうちは結局自称正統どまりになるのではないか。そういう政権でも無しで済ませるわけにはいかないということなのだとは思うけれども。(2017/03/13 10:08)

ロシアの大統領が固定化されていることはロシア国民は世界で一番自由が利かない国である(2017/03/12 22:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授