• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

日本と世界の最新イノベーション事情 パナソニック社長:失敗のスピードを速めよ

とても参考になった
 

30%

まあ参考になった
 

38%

参考にならなかった
 

30%

ぜひ読むべき
 

30%

読んだほうがよい
 

23%

どちらでもよい
 

46%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

やはりトップの言うことは違う?
昔はいわゆるマスマーケットを狙って人々の暮らしを便利にする松下だったが、今はニッチ?
でも自動車がニッチだとは全然思えない。もちろんスマホや家電と比べれば、全然桁が違うのは分るが、消費者目線だと5000万台/年も売れる車も立派なマスマーケットだ。
「各メーカーにはこだわりがあって、どのメーカーのデジタルコックピットも似て非なるものです。それぞれ求めるスペックが違う。だからニッチです。ニッチに尖らなければいけない。その分、コンペティターが少ない。外国勢もそうそう参入できない。そういうマーケットを見つけて、社内のリソースを有効活用しようというわけです」というが、マスマーケット商品だって求めるスペックは違うし、今は少量多品種がトレンドだ。(2017/09/14)

たしかにパナソニックは多くの失敗をゆっくりしてきたから言える言葉でしょうね、『失敗のスピードを速めよ』。(2017/09/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官