• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「組んですぐ全開」がわれらの矜持

ポリシーは「加工50:検査50」のタマチ工業(後)

  • 編集Y(山中浩之)

バックナンバー

2017年4月15日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回→「富士の麓の「体育館」に工作機械がずらり」)

「トヨタ・ガズーレーシング(TGR)」が世界耐久選手権に送り込むレーシングカー、TS050ハイブリッドのコクピットに座ってご機嫌の米内淨タマチ工業社長。3月の一般向けイベントで、行列に並んで乗り込んだ。

 西富士の小山の上に広大な立地と、体育館のごとき大型社屋。その中に居並ぶどでかい工作機械。タマチ工業の西富士工場にびっくり仰天していた取材班(私、編集Yとイラストレーターのモリナガ・ヨウさん)は、だが、まだこの会社の真の恐ろしさを知らなかった。それは、偏執狂なまでのチェック体制だ。

 歩き回るうちに、どの工場にも、完成したカムシャフトやシリンダーヘッドを検査する空間があることに気づいた。工作機械のすぐそばにもマイクロメーターなどの計測器が置かれ、その場でも精度をチェックする。聞いてみると、年間数千点の出荷製品は全数、三次元計測器などを使って綿密にチェックするのだという。

 「加工50:検査50、がタマチのポリシーですから」

 と、タマチ工業の米内淨(よない・きよし)社長は強調する。

 今回はシリンダーヘッドの検査室を見せてもらった(シリンダーヘッド、カムシャフトについてはこちら)。

内視鏡で検査、バリやゴミは鉗子で取り除く

 「シリンダーヘッドの内部には、冷却、潤滑のための水路、油路がたくさん通っています。50個くらいあるすべての孔を、ぜんぶ内視鏡でチェックして、中に残った異物やバリを鉗子で除去するんです」と、担当の方が説明してくれた。量産車ならば見逃しても問題のないレベルでも、ここではいちいち人が内視鏡で見て、しっかり排除する。

モザイクがかかっているのがシリンダーヘッド。手に持つ細い管が内視鏡で、奥のディスプレイに空洞の様子が映し出される

 大変な手間に思えるのですが、かかる時間は? 

 「製品にもよりますが、一面(ひとつのシリンダーヘッド)に18時間かかったこともありますね」

 さらに、E棟でバスタブを発見。これまたチェック用の設備だった。「80℃の湯に水没させ、熱膨張した状態で水泡がないかを確認をします。エア圧で、鋳巣(鋳造品の欠陥)がないかを調べるのです」(松井工場長)。

 製造時に十二分に気を配られているように思えますが、ここまでやらないとダメですか、と、工場長に聞いてみると「いや、いくら注意して作っても、やっぱり、こういう検査で(欠陥が)見つかりますよ」とのこと。

 米内社長は厳しいチェックの理由をこう説明する。

 「素材を我々が仕入れたものならば、失敗しても買い直せば、という考え方もできます。でも、レーシングマシンの場合は部品もお客様から預かった、世界一レベルの素材なんですよね。それをムダにすることはできない。自分たちではリカバリーできないものですから」

 「支給品不良率」という言葉があり、これが「預かった素材に対してどれくらいの不良品を作ってしまったか」を示す。目標は0.7%で、現状は0.4%だそうだ。もう事実上、完璧ってことではないのだろうか。

 「ですが、まだ満足はしていません。そもそも数字を目標にすること自体が危険を孕むんですよね。不良品を出さないんじゃなくて、数字さえ良ければいいだろう、という意識になってしまうから」

コメント7件コメント/レビュー

レーシングカーを構成する途方もない数の部品のほんの一部を作っている会社が、完成した車ではなく自社の製造部品の仕上がりを見て「これなら勝てる」と自信を持てるって素晴らしい話ですね。日本のものづくりの衰退などと言われている昨今でもこういう会社が存在するということに元気付けられます。昨日のシルバーストーンを見た限りでは今年も車の仕上がりは良いようですし、単なる観戦者ながら私も「今年こそ勝てるかな」と期待を持ちました。(2017/04/17 13:35)

「お仕事は「世界耐久選手権」です」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

レーシングカーを構成する途方もない数の部品のほんの一部を作っている会社が、完成した車ではなく自社の製造部品の仕上がりを見て「これなら勝てる」と自信を持てるって素晴らしい話ですね。日本のものづくりの衰退などと言われている昨今でもこういう会社が存在するということに元気付けられます。昨日のシルバーストーンを見た限りでは今年も車の仕上がりは良いようですし、単なる観戦者ながら私も「今年こそ勝てるかな」と期待を持ちました。(2017/04/17 13:35)

元レース関係者です。攻撃性と言う言葉は普段から耳にしていたので、技術的な方言(一部だけで通用する言葉)だったかな?と思い、改めて調べ直してみましたが、やはり一般的な技術用語ですね。社長独特の個人的な言い回しではないです。それとすぐ全開の件ですが、これはTGRに限らずプロフェッショナルレーシングの世界では常識的なマナーです。もし素人が自分の立場でレースカーを仕立てたら、試運転はまずはゆっくり走りだして様子を見て恐る恐るペースを上げるだろう。そんな感覚があると思いますが、プロの場合は全くの新仕様の組み上がったばかりの新車でもコースインと同時に全開走行します。もちろんドライバー的にはタイムアタックとコースインのラップはペースが違うよ、という程度の差はありますが、恐る恐る走り出してみると言った事はしません。部品レベルでも、完成車レベルでも、間違いない事を前提として扱うのが基本です。初めて部品に関わった新入りだったころは自分も最初ビビりましたが、そうして鍛えられました。どこでもやっている事です。(2017/04/17 13:34)

トヨタ、おめでとう!!(2017/04/17 13:11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表