• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トランプが強くする中国経済

このコラムについて

4月6日、米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席が初めて会談した。
トランプ大統領はかねて中国で作られる安価な製品が米国の雇用を奪っていると主張。
中国製品に高税率の関税をかけると公言してきた。
会談中に米国はシリアを攻撃。
米中の懸案に対する具体策は乏しく、両国の溝が埋まったとは言い難い。
モノの貿易高だけで60兆円を超える世界1位と2位の経済大国の関係にヒビが入れば、
両国だけでなく世界全体が大きな影響を受ける。
それでなくても中国の成長は減速しており、経済の構造転換は待ったなしの状態だ。
だが、トランプ大統領の圧力が中国経済の変革を促すようなことがあるとすれば、また違った世界が現れるかもしれない。

記事一覧

著者プロフィール

小平 和良

小平 和良(こだいら・かずよし)

日経ビジネス上海支局長

大学卒業後、通信社などでの勤務を経て2000年に日経BP社入社。自動車業界や金融業界を担当した後、2006年に日本経済新聞社消費産業部に出向。2009年に日経BP社に復帰。


田村 賢司

田村 賢司(たむら・けんじ)

日経ビジネス主任編集委員

日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野。

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長