• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

サムライ経営者、アメリカを行く!

このコラムについて

ヒト型ロボットベンチャー「SCHAFT」をグーグルに売り、世界の注目を集めた日本人経営者の名は、加藤崇。彼は今、アメリカにいる。日本の新たなロボット技術を携えて、アメリカで新たな勝負をするために。オフィスを借り、仲間を得て、東奔西走。情熱を燃料に、試行錯誤を楽しみながら、今日も一歩、前に進む。その日々を追う。

記事一覧

著者プロフィール

加藤 崇

加藤 崇(かとう・たかし)

加藤崇事務所代表

1978年生まれ。早稲田大学理工学部卒。東京三菱銀行、KPMG日本法人、技術系ベンチャー企業社長などを経て、2013年、ヒト型ロボットベンチャーSCHAFTをグーグルに売却し、世界から注目を集めた。スタンフォード大学客員研究員(兼任)

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師