• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「アメリカで人を雇うこと」のリアル

副社長と対立、手打ちは“未来の話”で

2016年6月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月19日、副社長のラースさんと人材採用について、大きく意見が食い違う。

 僕たちは、最近カリフォルニア州サンノゼ(米国本社)とテキサス州ヒューストンで人材採用を始めたのだが、ヒューストンで技術営業(テクニカルマーケティング)として採用しようとしていた人が求める給与水準が、(少なくとも僕の感覚からすると)とても高かったのだ。

 ラースさんが間に入って、彼との賃金交渉を引き受けてくれていた。多少給料が高くとも、事業のスピードを上げるために採用しようとラースさんは言うが、僕はどうしても納得できなかった。

「NOはNOだ!」

「ラースさん、ダメだ、こんな金額払えない」
「加藤さん、人材は需要と供給だ。ヒューストンでパイプ点検の仕事が生まれつつある。彼がいてくれればすぐさま仕事を任せられるだろうし、ここは先方の言い値をのむしかない」
「ダメなものはダメだ。サンノゼオフィスの日本人エンジニアが、一体いくらで働いてると思ってるんだ」
「加藤さん、アメリカと日本は、給与の考え方が違う。アメリカの給与水準が高いのにも、理由があるんだ」
「違うのは分かってる。ただ、どの角度から見ても、ヒューストンの彼にはそれだけ金を稼ぐ力がないと言っているんだ。交渉してダメなら、他を当たろう」
「スピードを上げるために採用して、使い物にならなかったら、クビにするというオプションがある。それがアメリカなんだ」

 話は平行線をたどり、お互いだんだんヒートアップしてくる。

「NOはNOだ!」
「じゃあ、いくらならOKなんだ」
「だから何度も言っている通り、この条件なら飲めるがそれ以上は飲めないってことだ。無い袖は振れない。それだけだ」
「そんな金額じゃ、彼は来ない」
「交渉してみなきゃ、分からないじゃないか」
「分かった。それじゃあ、加藤さんが今後の交渉を引き受けてくれ」
「もういい。僕が交渉を代わるから。後で、こっちからヒューストンに電話をかけるよ」――

 僕たちが日々行っている事業開発の活動は、順風満帆というには程遠い。長い時間をかけてアポを取ったお客さん候補に会えたとしても、「ロボットが御社の配管をですね…」と話を始めれば、実際には相手にされないこともしばしばだ。

 人材採用も、思った通りには進まない。とはいえ、ベンチャーというのはこういうものなのだということを、少なくとも僕たちは知っていた。高い志と、絶え間ない情熱だけが、僕たちの毎日を支えている。

 しかし、ラースさんと僕、お互いが、新しい技術を使った市場形成という、ある種非常に強い曖昧性の中で、日々焦燥感のようなものと戦っていることは事実であり、こうした焦燥感が、前向きな情熱と表裏になった高いエネルギーレベルを飲み込みながら、一触即発の事態をも作っていくのだ。

副社長のラースさんは目標を共有するパートナー。意見が合えば前に進むし、合わなければ徹底的に議論する

コメント4件コメント/レビュー

ロサンジェルスで初めてドライブした時のことを思い出しました。とにかく速い速い、慣れないうちは本当に怖いけど、慣れるにしたがってある意味合理的でとても寛容な部分があることに気が付きました。新しいことにチャレンジする場合、飛び込んでみる、とにかく真似してみる事により発見できることは多いですし、意見がすれ違って初めて客観的に考えられることの方が多く感じる。記事を読んで少しホッとしました。(2016/06/22 13:01)

「サムライ経営者、アメリカを行く!」のバックナンバー

一覧

「「アメリカで人を雇うこと」のリアル」の著者

加藤 崇

加藤 崇(かとう・たかし)

加藤崇事務所代表

1978年生まれ。早稲田大学理工学部卒。東京三菱銀行、KPMG日本法人、技術系ベンチャー企業社長などを経て、2013年、ヒト型ロボットベンチャーSCHAFTをグーグルに売却し、世界から注目を集めた。スタンフォード大学客員研究員(兼任)

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ロサンジェルスで初めてドライブした時のことを思い出しました。とにかく速い速い、慣れないうちは本当に怖いけど、慣れるにしたがってある意味合理的でとても寛容な部分があることに気が付きました。新しいことにチャレンジする場合、飛び込んでみる、とにかく真似してみる事により発見できることは多いですし、意見がすれ違って初めて客観的に考えられることの方が多く感じる。記事を読んで少しホッとしました。(2016/06/22 13:01)

若い人がアメリカで頑張っている様子が、頼もしく感じます。ただキーパーソンを採用するという事は、単に給与に見合う人を採用することでは無いでしょう。経営者として自分のビジネスや会社に対する想いや価値観を共有できる人を採用する事だと思います。私のアメリカでの日系某製造メーカー現地子会社社長時代に人事部長を採用した時を思い出しました。その人はある企業で人事担当の副社長の人でしたが、日系企業の私の所では、日本本社の給与体系から相当低い(約25%ダウン)年収しかコミットできませんでした。また肩書も副社長では無くて単なる部長でした。それでも何故その人がわが社に取って重要か。その人の経験、スキルがわが社の現状にいかに必要かを3~4回会って納得するまで話し合いました。結果その人は、大変チヤレンジャブルは仕事だとこちらの条件で受けてくれました。世界中どこでも、想いを強く共有できなければ良い人材を得る事は難しいと思います。アメリカ流でなく、現地の人の価値観を良く理解してそれを活かした対策を練る事でしょう。(2016/06/21 13:48)

こういう方の記事を読んでいると、よし俺も頑張ろう!という気になる。やはり自分の信念とやる気があれば、道は開けるんだなあと思う。不器用で遠回りしたとしても、夢や目標に向かって進むことができるから。(2016/06/21 10:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長