• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人類が「筋斗雲」を手にするとどうなるか?

シリコンバレーが「空飛ぶクルマ」にこだわるワケ

2017年6月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 近頃、新聞などで「空飛ぶクルマ」というワードを目にする機会が増えてきた。トヨタ自動車、欧州エアバス、グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏が出資するベンチャー企業……。激しい開発競争が巻き起こる中で、ヒト、モノ、カネが流れ込む中心的な役割を担っているのが、米シリコンバレーだ。現地に赴き、密かに進められている開発の現場を取材しながら、「クルマは本当に空を飛ぶ必要があるのか」について考えてみた。

※日経ビジネス6月12日号では「『空飛ぶクルマ』の衝撃 見えてきた次世代モビリティー」と題した特集を掲載しています。併せてお読みください。

 本題に入る前にまず、空飛ぶクルマの定義を確認しておきたい。事例を見ていく中で、どうしても「これって普通のヘリコプターなのでは?」という疑問がわきやすいからだ(記者も当初は同じ疑問を抱いた)。

 ここ1~2年で登場してきた新しい概念なのでまだ明確な定義はない状況ではあるが、取材を通じて見えてきた共通項は次のようなものになる。

  1. 基本的に電気で動く(エンジンを併用するものもあるが、あくまで発電のために使う)
  2. 人を乗せて一定以上の時間、空を飛べる
  3. 専門知識が必要なパイロットでなくても運転できるか、あるいは完全自動運転である

 このうち記者が最も重要だと見ているのは、3の「専門のパイロットがいなくても運転できる」で、これこそがヘリコプターとの大きな違いになる。いつでも誰でも、行きたい場所に行けて初めて「クルマ」と呼べる。

電動かつ人を乗せられる初めての「空飛ぶクルマ」

 ヘリコプターとの相違点としてもう一つ重要なのが、1の「電気で動く」という点だ。

 現在、ヘリコプターの駆動源として使われているのは航空機と同じ、ガスタービン・エンジン。重量物を重力に逆らって飛ばすにはこれまで、内燃機関でないと十分なパワーを得られなかった。一方で、内燃機関で動かすと、細かな制御が難しく、全体を構成する部品が複雑かつ多数になるという難点があった。ざっくり言えば、コストがかかるのだ。

 2の「人を乗せられる」は、ドローンとの相違点とも言える。ドローンは、電気で動くため制御が簡単で素人でも操縦できるが、人などの重量物は運べない。

 空飛ぶクルマの姿が少し、イメージできただろうか。では、いよいよ具体的な事例を「シリコンバレー出張記」(蛇足ではあるが)とともに見ていく。

 最初に訪れたのが、米サンフランスシコ(SF)に本社を構える米ライドシェア(相乗り)大手のウーバーテクノロジーズだ。同社は4月下旬、「空飛ぶタクシー」の開発計画を発表して世間を騒がせていた(ウーバーが発表した計画のホワイトペーパー)。

ウーバーテクノロジーズの本社はSFダウンタウンの西、半島のちょうど中央辺りに位置する。本社が入ったビルの1階にうどん店を発見
あまりに空腹だったため、取材前にうどん店へ。スープの種類(記者はカレーを選んだ)を店員に伝えると、うどんをサッとゆでて提供してくれた
具を選ぶところは「讃岐スタイル」
「SFに来てまでなぜ?」と自分に突っ込みを入れながら、“アメリカンなうどん”を味わった

 写真で本題からそれてしまったが、ウーバーは本気で空飛ぶタクシーを実現しようとしている。狙いは単純明快。「ユーザーにより良いモビリティー・サービスを提供するため」(同社)だ。

コメント22件コメント/レビュー

空飛ぶ車と言うから違和感強いけど、GA(ゼネラル・アビエーション)の開放(オートパイロットにより免許なくても空を飛べるようにしようという路線)は、以前からアメリカの課題だった。
ドローンがそれを触発した感じになっているのは、ドローンの操縦応答性の高さが、機体制御のやりやすさとなって、自動操縦のハードルを下げている面も。
もちろん、航空機としての性能(速度・ペイロード・効率)を検案すると、マルチコプター的なアプローチは全く望ましくなく、せいぜいハイブリッド(エンジン発電+電動ファン)に可能性が見いだせるくらい。
ただ、「空飛ぶ車」がインフラ不要にする、というのは逆に言えば僻地は金持ちでなければ住めない、金持ちの占有物になるかねない危険性も。
何れにせよ、飛行機自体、日本では開発したり飛ばしたりするのが難しい(エクスペリメンタルというジャンルはあって、やる気があればできなわけではないのだが、飛べる場所が極めて限られてしまうので実用性はあんまりない)から、どういう潮流になっても県警はなさそう。(2017/10/14 07:05)

「「空飛ぶクルマ」の衝撃」のバックナンバー

一覧

「人類が「筋斗雲」を手にするとどうなるか?」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

空飛ぶ車と言うから違和感強いけど、GA(ゼネラル・アビエーション)の開放(オートパイロットにより免許なくても空を飛べるようにしようという路線)は、以前からアメリカの課題だった。
ドローンがそれを触発した感じになっているのは、ドローンの操縦応答性の高さが、機体制御のやりやすさとなって、自動操縦のハードルを下げている面も。
もちろん、航空機としての性能(速度・ペイロード・効率)を検案すると、マルチコプター的なアプローチは全く望ましくなく、せいぜいハイブリッド(エンジン発電+電動ファン)に可能性が見いだせるくらい。
ただ、「空飛ぶ車」がインフラ不要にする、というのは逆に言えば僻地は金持ちでなければ住めない、金持ちの占有物になるかねない危険性も。
何れにせよ、飛行機自体、日本では開発したり飛ばしたりするのが難しい(エクスペリメンタルというジャンルはあって、やる気があればできなわけではないのだが、飛べる場所が極めて限られてしまうので実用性はあんまりない)から、どういう潮流になっても県警はなさそう。(2017/10/14 07:05)

アトムの世界では、自動車が空中で列をなして飛んでいた。
スーパージェッターの流星号はウェアラブルのウォッチ型通信機で呼べば、空中でも水中でも、どこやらからたちまち迎えに来てくれた。
敵の栗間から落下しても掬い上げてくれた。
100年前のH.Gウェルズやジュール.ヴェルヌ。ERバローズを始め、50年くらい前のアイザック.アシモフ等のSF作家たちは、詳細に近未来に可能になるであろう技術を検証している。
ロボット3原則はその代表例。
これらの検証は現実の技術開発の礎になっているが、それらの検証を忘れ去った一般人はいまさら云々している。
開発可能となった技術にたいする過去からの検証を、マスコミは標準知識とすべきだし、技術者は前提条件としてもっとアピールする必要があるのではないか。(2017/10/13 17:39)

ネガティヴといえばそうなんだが、日本で考えると、法体系というよりは、現在の下(地面)の過密度を考えると自由に飛び回る、というのはありえんわな、ということ。
自分の家のすぐ上を他人の自動車的ドローンが飛び回ることを許せる人は少ないように思う。

逆に、そういう足かせがない余裕のあるところであれば普及の可能性が高いと思う。
シリコンバレーが開発に躍起になるというのは、そういう余裕のある土地(がわりと近い)、というのも背景もあるのでしょうね。

日本も人口が1/5~1/10くらいになると都市でも下も適度に空いてきて非常に有効かな。
ただ、そうなるとそういうのを持ちえないほど経済が貧弱になっている可能性があるけど。(2017/06/16 10:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授