• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「社内に人材がいない」という嘆きの深層

ユーシンから学ぶ高齢・長期政権のリスク

2016年6月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 株主総会シーズンを迎え、コーポレートガバナンス(企業統治)への関心が高まっている。セブン&アイ・ホールディングスやLIXIL、セコムなどでトップ交代が相次いだこともあり、コーポレートガバナンスを強化する上で重要な役割を果たすとして期待されている社外取締役についても、その存在意義については賛否両論が絶えない。コーポレートガバナンスの究極の目的は、社長が暴走しそうなときにブレーキをかけることにあるとも言われる。そのためには、どのような仕組みを導入したら良いのか。日経ビジネス6月20号では、「ストップ 暴走社長 経営者が語る『我が抑止術』」と題した特集を組んだ。

 日経ビジネスオンラインの特集連動連載の第1回では、高齢・長期政権が抱えるリスクについて考える。経営者が高齢で、かつ、長期にわたってトップに君臨し続けるほど、引き際が難しくなる。過去10年ほどにわたって、後継者問題に悩み続けてきた自動車部品メーカー、ユーシンの田邊耕二会長兼社長(82才)が、思いを打ち明ける。

 ユーシンの田邊会長が、後継者問題に悩み始めたのは今から10年ほど前のことだ。創業家出身の2代目である田邊会長は、健康への不安を背景に、投資ファンドに出資も受け入れる形で後継者社長の派遣を依頼。しかし、招聘した社長は様々な問題を起こし、田邊氏は再び社長に復帰した。その後、社長の社外公募を2回実施し、1回目の公募の際は実際に社長候補を採用するも満足できず、2回目は採用まで至らなかった。「社内には人材がいない」という考えは一貫しており、結局、自ら会長兼社長という形でトップを続けている。

後継者問題について語るユーシンの田邊耕二会長兼社長(写真:陶山勉)

過去、田邊会長には数回、後継者問題をテーマに、日経ビジネスの「敗軍の将 兵を語る」などに登場してもらっています。現状、後継者選びはどのような状況ですか。

田邊耕二会長兼社長(以下、田邊):うちの会社はかつて国内販売が主だったのですが、(2013年に仏部品大手ヴァレオから一部の事業を買収して、)世界中の自動車メーカーへの売り込みが成功したんですよ。それで、今では売り上げの65%が海外になりました。

海外に打って出ようというのも、田邊会長ご自身のアイデアですか。

田邊会長:そうですね。

英語が話せないと後継者は務まらない

社内で、田邊会長以外にそういうアイデアを持っている人はいなかった。

田邊会長:いなかった。どうして誰もそういうアイデアを持っていなかったのか、それは分からないです。

後継者選びは、2度の社長公募でもなかなか田邊会長のお眼鏡に叶う人がいませんでしたね。

田邊会長:今、専務と常務がいるんですが、専務は英語ができませんが、常務はペラペラなんですね。その常務は今年2月に、メーンバンクである三井住友銀行から招きました。銀行として推薦したいという事でしたので。実力は今後、1年くらい見ないとよくわからないですが、現状では唯一の後継候補です。

 売り上げのほとんどが海外ですから、後継者は英語ができないと不便ですよね。その点、彼はロンドンにいたこともあり、英語が堪能。海外事業を上手くやれば、うちはどんどん大きくなれると思います。海外の競合に対して優位な製品を作り続けていれば、いくらでも伸ばせる。

コメント1件コメント/レビュー

ほんとに社内に人材がいないのでしょうか。社外からの社長候補に適任者がいなかったというのは本当なのでしょうか。

おそらく2つの要因が関係していそうです。

ひとつは、候補となるべき人の条件として設定した条件です。たとえば英語ができることを必須と考えたようですが、これはほんとに不可欠なことだったのでしょうか。もしかするとこの点で「足切り」した時点で、ほんらい残るべき候補者があらかた落ちてしまったのかもしれません。逆に、田邉氏の言う「私利私欲の人」を振るい落とすことができるような条件を氏は設定できなかった。それに対して人材がいないと嘆息する田邉氏ですが、ご自身の条件設定の上手下手について顧みる心は持ち合わせていないように紙面からは見受けられます。

二つ目は眼の問題。さまざまに探索してもなおご慧眼に叶う人が居なかったわけですが、その眼は正しく人をご覧になっていたのでしょうか。古来より「駿馬は常にあり、しかれども伯楽は常にはあらず」と申します。誰も後継者に育てられず誰にも適任との判定を下せなかった田邉さんのほうに問題はなかったのでしょうか? それとも田邉さんの周囲だけ、古来からの通則が成立し得ないほどの異界が広がっていたのでしょうか。もしそうなら、そのことにご本人の責任はなかったのでしょうか。イエスマンを集めなくても誰も反対しないという部下の皆様ですが、それほどに田邉氏は無謬の経営者なのでしょうか。

田邉さまほどの方であれば、このことについて本心から省みられれば、おのずと道は開けていくように思えます。ごけんとうをいのります。(2016/09/12 22:40)

「ストップ 暴走社長~経営者が語る「我が抑止術」」のバックナンバー

一覧

「「社内に人材がいない」という嘆きの深層」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ほんとに社内に人材がいないのでしょうか。社外からの社長候補に適任者がいなかったというのは本当なのでしょうか。

おそらく2つの要因が関係していそうです。

ひとつは、候補となるべき人の条件として設定した条件です。たとえば英語ができることを必須と考えたようですが、これはほんとに不可欠なことだったのでしょうか。もしかするとこの点で「足切り」した時点で、ほんらい残るべき候補者があらかた落ちてしまったのかもしれません。逆に、田邉氏の言う「私利私欲の人」を振るい落とすことができるような条件を氏は設定できなかった。それに対して人材がいないと嘆息する田邉氏ですが、ご自身の条件設定の上手下手について顧みる心は持ち合わせていないように紙面からは見受けられます。

二つ目は眼の問題。さまざまに探索してもなおご慧眼に叶う人が居なかったわけですが、その眼は正しく人をご覧になっていたのでしょうか。古来より「駿馬は常にあり、しかれども伯楽は常にはあらず」と申します。誰も後継者に育てられず誰にも適任との判定を下せなかった田邉さんのほうに問題はなかったのでしょうか? それとも田邉さんの周囲だけ、古来からの通則が成立し得ないほどの異界が広がっていたのでしょうか。もしそうなら、そのことにご本人の責任はなかったのでしょうか。イエスマンを集めなくても誰も反対しないという部下の皆様ですが、それほどに田邉氏は無謬の経営者なのでしょうか。

田邉さまほどの方であれば、このことについて本心から省みられれば、おのずと道は開けていくように思えます。ごけんとうをいのります。(2016/09/12 22:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長