• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

経営者よ、謝罪ばかりするな。ビジョンを示せ

イノベーション研究の米倉誠一郎・法政大学教授に聞く

  • 古川 湧

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年7月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「この20年間、日本企業のイノベーションは停滞しっぱなし」と語るのは、日本のイノベーション研究の第一人者である米倉誠一郎・法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授、アカデミーヒルズ「日本元気塾」塾長。この20年、日本の国内総生産(GDP)はほぼ横ばい。時価総額上位の日本企業の顔ぶれもあまり変わっていない。何をどう変えていけばいいのか。日経ビジネスの「オープン編集会議メンバー」が話を聞いた。

 ■お知らせ■
 日経ビジネスは、読者が自分の意見を自由に書き込めるオピニオン・プラットフォーム「日経ビジネスRaise(レイズ)」を立ち上げました。その中のコーナー「オープン編集会議」では、イノベーションに関する話題を皆さんとともに議論しています。ぜひ、ご参加ください。

 本日、日経ビジネスRaiseのオープン編集会議「日本のイノベーションは停滞している?」に、ゲストコメンテーターとして米倉教授が登場します。米倉教授に、記事への感想や疑問、イノベーションに関する質問を投げかけてみませんか?

 <オープン編集会議>
 ◆Room No.01 日本のイノベーションは停滞している?
 今日のテーマ:米倉先生にイノベーションについて質問しよう
 ◆Room No.03 イノベーションを阻む「大企業病」、どう打ち破る?
 今日のテーマ:従業員の思いと組織の目的の乖離

 <オープン編集会議とは>
 読者が自分の意見を自由に書き込めるオピニオン・プラットフォーム「日経ビジネスRaise(レイズ)」を活用し、日経ビジネスが取材を含む編集プロセスにユーザーの意見を取り入れながら記事を作っていくプロジェクト。一部の取材に同行する「オープン編集会議メンバー」も公募。Raiseユーザー、オープン編集会議メンバー、編集部が一緒に日経ビジネス本誌の特集などを作っていく。

 <進行中のプロジェクト>
 日経ビジネス7月23日号特集「イノベーション・イリュージョン(仮)」

 (注:オープン編集会議メンバーの発言内容は個人の意見であり、所属する企業や団体を代表するものではありません)

オープン編集会議に登場した法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科・米倉誠一郎教授(写真撮影=吉成大輔、以下同じ)

大竹剛(日経ビジネス編集部):日経ビジネスRaiseのオープン編集会議では、約7割のRaiseユーザーが「日本のイノベーションは停滞している」という意見でした。このオープン編集会議の仮説に対して、米倉先生はどう見ていますか。

米倉誠一郎氏(法政大学イノベーション・マネジメント研究科大学教授):これはもう簡単なことで、「成績表」を見れば分かるでしょう。日本の国内総生産(GDP=名目)は、この20年間伸びていない。一方で米国はどうか。約20年で10兆ドルから約20兆ドルと2倍になっている。中国に至っては10倍以上にもなっている。

日米中の国内総生産(GDP、名目)の推移
注:単位10億ドル、2017年は予測
出所:International Monetary Fund, World Economic Outlook Database, April 2018

 企業業績についても、例えば、ソニーの2018年3月期の営業利益は7348億円で、20年ぶりに最高益を更新した。報道を見ていると、「おぉ、すごい」と思うけれども、ライバルの韓国サムスン電子は営業利益が約5兆円だからね。金額のケタが違う。昔は、はるかにソニーの方が進んでいたはずなのに。

 あるいは、1998年と2018年で、時価総額上位の企業の顔ぶれを見てください。いずれも、上位に来るのはトヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル・グループ(98年当時は三菱UFJ銀行)、NTTドコモ……。顔ぶれはあまり変わっていません。それ以上にショックだったのは、2018年の上位15社に、NTTドコモ、NTT、JT、日本郵政、ゆうちょ銀行といった公営企業が5社も入っていたこと。この状況を見て、はたして日本で本当にイノベーションが起きていると胸を張って言えるでしょうか。

 さすがに20年間ずっとイノベーションを起こせなかったら、普通はやり方を変えるよね(笑)。違う考え方を入れて、違う方法を試して変わろうと思うはずでしょう。しかし、現実にはそうなっていないよね。

オススメ情報

「日経ビジネスRaise「オープン編集会議」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント