• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「人類はいずれ、ロボットになる」

トランスヒューマニストが語る「不老不死」の必然

2016年7月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネス7月11日号では、特集「不老~若さはここまで買える」を掲載。特集内では米国の美容医療の実態や日本のアンチエイジングの取り組み、老化研究の最先端などをリポートしている。その中で、体に機械を埋め込み不老不死を目指す米国の「トランスヒューマニスト」のムーブメントにも迫った。連載第2回目は、トランスヒューマニスト党を設立し米大統領選にも出馬した、ゾルダン・イシュトバン氏のインタビュー。トランスヒューマニストが目指す世界とは何か。

あなたはトランスヒューマニスト党を設立して、今回の大統領選に出馬した。まず、トランスヒューマニズムとは何かという点から聞かせて欲しい。

作家、未来学者、哲学者。1973年カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。コロンビア大学で宗教と哲学を学び、ナショナル ジオグラフィック チャンネルで記者として活躍。2013年に小説「The Transhumanist Wager」を発表。トランスヒューマニストとして認知され、ハフィントン・ポスト、VICE、サイコロジー・トゥデイなどに定期的にコラムを掲載している。2014年にトランスヒューマニスト党を設立、2016年の米大統領選に出馬した。
(写真:林 幸一郎、以下同)

ゾルダン・イシュトバン氏(以下、イシュトバン):トランスヒューマニズムは世界で数百万人が参加する社会運動だ。1950年代から始まり、最初はSF(サイエンス・フィクション)の中で用いられる概念や思想だったが、次第に社会運動になっていった。科学やテクノロジーを用いてラディカルに人間を変えるという考え方で、我々の生命のあり方そのものを変えるものだ。

 例えば、私は自分の手に小さなチップを埋め込んでいる。特定の機種に限られるが、私が手を近づければ、私の名刺情報を送信することができる。今はこの程度だが、いずれは自動車のカギを開けたり、オフィスの入館証、空港のセキュリティーシステムなどで使われたりするようになるだろう。医療関係者も、血液型や持病など搬送されてくる患者の情報を瞬時に得られるようになる。

コメント10件コメント/レビュー

極めて勉強不足な考えで、愚かなことを考えている人だと思った。死と生の関係は断続的な連続で、1個体が恒久的に存続するよりも、個体をリセットして必要な要素だけを連続化する道が最適な方法として残った。つまり、大きな腕とか脳というような部品のレベルで取り替えるというような方法で個体を維持するのではなく、遺伝子だけ、つまり生命としての設計図だけを引き継いで前個体は滅び、次個体は設計図を2つの個体から合算して引継ぎ、分子レベルで再構成することが、この世の生物の存続にとっては最適なのである。また、この世の物質は全て、原子、更に細かく見れば、クウォークからできており、究極の構成部品として宇宙創生以来、引き継がれているのである。死は生命個体としての終わりではあっても、原子やクォークレベルで見れば単に分解して別の物質への転換がなされるだけで、また別の物質として存在するだけのことなのである(所謂、生まれ変わりに相当する?)。(2016/10/28 18:51)

「不老~若さはここまで買える」のバックナンバー

一覧

「「人類はいずれ、ロボットになる」」の著者

長野 光

長野 光(ながの・ひかる)

日経ビジネスニューヨーク支局記者

2008年米ラトガース大学卒業、専攻は美術。ニューヨークで芸術家のアシスタント、日系テレビ番組の制作会社などを経て、2014年日経BPニューヨーク支局に現地採用スタッフとして入社。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

極めて勉強不足な考えで、愚かなことを考えている人だと思った。死と生の関係は断続的な連続で、1個体が恒久的に存続するよりも、個体をリセットして必要な要素だけを連続化する道が最適な方法として残った。つまり、大きな腕とか脳というような部品のレベルで取り替えるというような方法で個体を維持するのではなく、遺伝子だけ、つまり生命としての設計図だけを引き継いで前個体は滅び、次個体は設計図を2つの個体から合算して引継ぎ、分子レベルで再構成することが、この世の生物の存続にとっては最適なのである。また、この世の物質は全て、原子、更に細かく見れば、クウォークからできており、究極の構成部品として宇宙創生以来、引き継がれているのである。死は生命個体としての終わりではあっても、原子やクォークレベルで見れば単に分解して別の物質への転換がなされるだけで、また別の物質として存在するだけのことなのである(所謂、生まれ変わりに相当する?)。(2016/10/28 18:51)

今後、非常に重要かつ現実的な指摘・視点だと思います。
最近はシンギュラリティ(AIの2045年問題)の脅威についての書籍をよく見かけますが、
それと同じ地平で、一緒に捉えられるべき課題だと感じました。
ただ、一点だけ気になったのは、
「生命性」や「死」を一方的に忌避しすぎではないか、ということです。
人間もまた世界の一部です。
生命性なくして地球上の多様な営みは在り得なかったでしょうし、
「生命性」や「死」、それに伴う有限の時間を生きる環境があってこそ
人類は(文字通り)死にもの狂いで必死に生き続け、ここまで繁栄してきたのだと思います。
その最果てに生まれた子孫の一個人が「不老」を獲得した時、
その一個人の意志や、その一個人を取り巻く小規模なシステムだけで、
果たして人類の営みは維持されるでしょうか。
情報過多の時代にあって、情勢変動の振れ幅が大きくなっています。
それでも「生命性」や「死」による制御があるおかげで、何とか、いわゆる"共振"による破綻は免れているように思われます。
むしろ今こそ、このテクノロジーを検討することにより翻って「生命性」や「死」の意義を見つめ直す時なのではないでしょうか。(2016/07/12 11:16)

ブレードランナーや攻殻機動隊の世界ですね。四十代の自分はIPS細胞の恩恵くらいでしょうが、これから産まれてくる子供達には、夢物語ではないでしょう。身体の部品をどんどん取り替えていって、脳もコンピュータに置き換えれる様になったら、私とは一体何処にあるのか?宗教的、SF的な命題ですが、真剣に議論すべきでしょう。(2016/07/12 10:35)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長