• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

公明党は憲法を改正しないという立場ではない

カギを握る公明党、憲法調査会長の北側一雄・衆院議員に聞く

2017年8月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

内閣改造でも支持率回復は小幅にとどまる安倍晋三首相。5月以降、強力に進めてきた憲法改正は、トーンダウンしたかのようにも見える。与党の公明党・山口那津男代表の慎重姿勢もそれに拍車をかける。公明党の本音はどこにあるのか。改憲にどう向き合うのか。同党憲法調査会長の北側一雄・衆院議員に聞いた。

内閣支持率の大幅下落を受け、安倍首相は8月初め、改憲について「私の考えは申し上げた。あとは党に任せる」と言い出しました。改憲の動きは、スローダウンするのでしょうか。

北側一雄(きたがわ・かずお)氏
1953年3月、大阪市生まれ。64歳。1990年2月、旧大阪5区より衆議院議員に初当選。党副代表、党憲法調査会長。国土交通大臣・観光立国担当大臣、大蔵政務次官、衆議院科学技術委員長、同総務委員長などを歴任。前党幹事長。弁護士・税理士。創価大学法学部卒(写真:菊池一郎、以下同)

北側:安倍政権、自公政権が一番評価されてきたのは、何より経済だと思うんですね。やっぱり経済を再生し、立て直すことをしっかりとやっていかねばならないと思うんですよね。成長と分配の好循環をつくること、これをしっかりと政権内では最優先で取り組んでいかないといけないと思いますね。

 改憲については、スローダウンというようなことではないと考えています。

「山口代表の慎重姿勢」は拡大解釈

公明党の山口那津男代表は東京都議会議員選挙での自民党惨敗の後、改憲について「政権が取り組む課題ではない」という考えを述べ、最近も慎重な姿勢を示されました。公明党自身が改憲には距離を置こうとしているのではありませんか。

北側:山口代表の「政権が取り組む課題うんぬん」というのは、ちょっと意味が拡大解釈されているような気がします。そもそも憲法改正というのは国会で発議するものです。制度的に。内閣が発議をするわけでも何でもない。両院の憲法審査会で論議をし、そして合意形成を図って発議するものです。その後に国民投票にかけるという流れなわけですよ。だから、そういう意味で山口さんは言っているだけです。

そもそも内閣のやるものじゃない、という制度的なことをおっしゃったということですか。

北側:そうです。「国会で論議をすることが大事なんですよ」ということを言いたかったんじゃないですか。私はそういうふうに理解しています。

 また、与党という枠組みでできるかというと、それも違いますからね、これは。国会の3分の2の賛成が必要なわけですから。だからできるだけ多くの政党間で合意形成をしていく。または、それを追求していくことが大事じゃないでしょうかね。憲法改正しなくてもいいなんていうことはあり得ないですよね、そもそも。

コメント5件コメント/レビュー

流石に与党の重鎮の発言で中身が濃いです。
一見事なかれ主義の様に見えますが、派手にものをぶち上げても空中分解するだけです。
予算の裏付けが無い事項は実現不能です。
何でもそうですが言うのは簡単、他人のやることに文句を言うのはもっと簡単。
改憲のスピードが遅くてひやひやしますが、議会制民主主義というのはそういうものでしょう。
海の向こう側は物凄くきな臭くなっていますが、国境の此方側ではモリとカケの話が終わったら亀の話!
いやはや凄いです。(2017/08/24 21:48)

「私の憲法改正論」のバックナンバー

一覧

「公明党は憲法を改正しないという立場ではない」の著者

田村 賢司

田村 賢司(たむら・けんじ)

日経ビジネス主任編集委員

日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

流石に与党の重鎮の発言で中身が濃いです。
一見事なかれ主義の様に見えますが、派手にものをぶち上げても空中分解するだけです。
予算の裏付けが無い事項は実現不能です。
何でもそうですが言うのは簡単、他人のやることに文句を言うのはもっと簡単。
改憲のスピードが遅くてひやひやしますが、議会制民主主義というのはそういうものでしょう。
海の向こう側は物凄くきな臭くなっていますが、国境の此方側ではモリとカケの話が終わったら亀の話!
いやはや凄いです。(2017/08/24 21:48)

『一票の価値』が、何故、『選挙区の人口当たりの議員定数』で(投票できない・或いは、投票しようとしなかった人までも含めて)判断されるのでしょうか?  最高裁の判事諸氏をも含めて、余りにも単細胞的な、評価・判断基準のように思われます。(憲法14条第①項を、余りにも杓子定規に解釈しているのではありますまいか?)
第43条の「国民を代表する」とは、意思表示が出来ない、或いは、意思表示を しようとしない人までをも含めた人であったとしても、その意思は、どのように確認できると思っているのでのでしょうか?
真の「一票の価値」は、「落選者の最大得票数」と、「当選者の最小得票数」との比較で判断すべきものと思われます。 それが、(仮に)2倍を超えた時に、「格差が顕著である」と言うべきでしょう。 
「一票の価値」の格差判断は、『選挙区の人口と議員定数』に因ってではなく、各々の選挙結果に於ける、前述の、真の「一票の価値」で以って、判断すべきものと思われます。 如何でしょうか?(2017/08/24 18:51)

①御意見に対して、以下の感想を持ちました。◎「改憲は衆参の憲法審査会で合意形成し発議するもの」⇒感想:国会の職責を憲法通り御説明され、現況下、貴重な御意見です。◎「9条下、自衛措置がどこまで許されるのか」⇒感想:9条には自衛権の明記が無い、との解釈であり、この9条の字句通りの解釈を国民過半数の共通認識としなければならない。◎「平和安全法制は自衛措置の限界の話」⇒感想:平和安全法制の目的が分かりました。■「我が国防衛には日米同盟強化が一番の眼目」⇒感想:日本の実体が分かりました。◎「9条以外に、地球環境問題、議員任期の延長問題」⇒感想:他にも景観法等の根拠が無く、憲法棄損状況なので立憲主義の為の改憲が求められている。★「国会は政府の役割を補完」⇒感想:憲法規定と相入れません。★「教育無償に反対する人は少ないでしょう」⇒感想:大学に行けなかった人への認識がありません。◎「すべて財源の問題とぶつかる」」⇒感想:改善を阻む壁が分かりました。◎「合区すると、都道府県単位で1人という声がある」⇒感想:都市優先の考え方が地方切り捨てになる、と言う事だと思われます。
②読んで気の悪い「輩。安部。愚かな奴ら。ボケてる」と言った糞言葉を使わないで行こうよ!(2017/08/24 18:34)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授