• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「9条は全面削除しても何の支障もない」

戦争を放棄したのは日本だけではない

2017年9月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント16件コメント/レビュー

論理的でパズルが解けました。この論理広げて下さい。(2017/09/13 21:08)

「私の憲法改正論」のバックナンバー

一覧

「「9条は全面削除しても何の支障もない」」の著者

森 永輔

森 永輔(もり・えいすけ)

日経ビジネス副編集長

早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

論理的でパズルが解けました。この論理広げて下さい。(2017/09/13 21:08)

国際法と現行憲法制定の国際的経緯を明確にしなければ、その条項の正確な意味がわからないのでは、9条は法として欠陥があることになる。

一般に条文に書いてないから解釈が登場する。不足部分を追加すれば、解釈の余地はなくなるのだ。

文言を追加すれば、さまざまな解釈が新たに生じる、とするのは法律の素人の考えのようだ。(2017/09/13 19:46)

憲法解釈なんていくらでもできるだろうが
第2項は削除したほうがわかりやすい
9条は第1項の戦争(侵略)の放棄だけでいい(2017/09/13 17:18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長