• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

私の憲法改正論 「9条は全面削除しても何の支障もない」

レビュー

とても参考になった
 

65%

まあ参考になった
 

14%

参考にならなかった
 

20%

ぜひ読むべき
 

64%

読んだほうがよい
 

12%

どちらでもよい
 

22%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

論理的でパズルが解けました。この論理広げて下さい。(2017/09/13 21:08)

国際法と現行憲法制定の国際的経緯を明確にしなければ、その条項の正確な意味がわからないのでは、9条は法として欠陥があることになる。

一般に条文に書いてないから解釈が登場する。不足部分を追加すれば、解釈の余地はなくなるのだ。

文言を追加すれば、さまざまな解釈が新たに生じる、とするのは法律の素人の考えのようだ。(2017/09/13 19:46)

憲法解釈なんていくらでもできるだろうが
第2項は削除したほうがわかりやすい
9条は第1項の戦争(侵略)の放棄だけでいい(2017/09/13 17:18)

なんと面白い憲法解釈でしょうか。
GHQ占領史観(戦前の日本は侵略国家で悪。アメリカは民主主義)に則りながら、憲法制定過程を一寸ひねって解釈して、実質的な憲法9条無効化を図るものです。
問題は、この憲法解釈を占領政策護持で頑張っている進歩的文化人や大多数の憲法学者が認めるかどうかでしょう。

(私個人としては、米軍占領総括文書のReorientation of Japan by SCAPを読んだ経験からして、篠田英朗先生の憲法制定過程解釈が成り立つとは思えないのです。まあ、戦前の日本が侵略国家、アメリカは民主主義の守護神という史観は、米国ソ連による情報公開などによる最近の研究で完全に論破されていると考えるのですが、まだ古い史観に立つ人には良い薬ではないでしょうか。)(2017/09/13 12:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長